忍者ブログ
[1133] [1132] [1131] [1130] [1129] [1128] [1127] [1126] [1125] [1124] [1123]
4日目。
既に商品がなくなりつつあるブースも多数。
おいおい。
まだあと二日あるんやぞ。
まじっすか。

とりあえず試飲開始するが焦る。
めっちゃ人多くて動けんしなんやねんほんま。



鳴門鯛の方は二時ごろが一番混んでると言っていた。
うっそん。わしは仕事帰り。5時すぎに行って一番混んでる時間で悲しいとか思ってたのに。
まだこれより多いんかよ・・・
この金持ち暇人どもが。
悪のカタマリみたいなやつばっかやな。
ほんまに。
まあでもいっぱい日本酒買うて業界の助けになったら許す。
つか、もっと日本酒を消費しやがれ金あるんやから。
いや、寄付しろや暇人どもが。
貯金することは絶対に許さんからな。

と、当ブログ最大のテーマである金持ちの悪口だけは欠かさない。
律儀なわしであります。

そういえば鳴門鯛の人。
売れたと思ったらレジ並ぶの嫌で商品返して帰られたりしたとかかわいそうなことも言っていた。
どんだけ適当やねん金持ち共は。
ほんま最低すぎる。酒造の方の苦労を知らん、恵まれた利権の権化共が(勝手な決め付け)
よう考えたら鳴門鯛の人グチばっかり言うてた。
まあむしろそんな裏話に乗るわしやってんけどな。
こういう話はある意味最大級に貴重やからな。
やっぱり近所同士のシンクロや。多分年齢も近い。
本当に鳴門鯛の方。ありがとうございました。面白すぎました。


もう空いてるとこからなんとか行くしかない。
つってもどこまあかんけど。
なんとかもぐりこんだ新潟コーナー。


さけ470越の誉 特別純米酒

新潟は柏崎、原酒造株式会社様。
人いっぱいなので試飲もたいへんでした。
話なんて余裕は一切なし。

それにしてもコシの強い旨み豊富な美酒っすね。
ぐい飲みでキュッといきたい。
雰囲気も風格もあります。やはり新潟は凄いのか・・・
新潟酒は他の酒どころに比べて攻略が遅れているのでもっと勉強せなと思う日々です。
まああまり勉強しすぎると肝硬変まっしぐらになりますが。



さけ471郷越後 純米吟醸

新潟は長岡市、お福酒造株式会社様の銘酒。
これは非常にうまそうなボトル、そして名前。
なんか気難しそうな酒やなあと思ったがその予想は真逆。

むしろおだやかで安心感がありました。
すすって飲むと一段とうまい。
燗したらもっと膨らみそう。
普通に飲んでもさりげない素朴な印象の味わいがありますが、色々な飲み方でキャラは少し変えられる気がします。
こういうのはええですね。やっぱり。




なかなかメモも取りづらく焦りもあるので大変でした。
あと、購入するのも決めなあかんし。
日曜に買おう思って2000円しか持ってなかった。

中野BC株式会社様はもう全部売り切れ、試飲も残り二本。
わしもいただく。
紀伊国屋文左衛門の二種をいただいた。
瓶をよく見ておらんかった。無念。
純米と大吟と聞いたくらいで正確に何かわからんので載せません。





そしてまた来てしまった日下無双純米酒がとても美味な村重酒造様。
日下無双しか試してないので違うのもお願いしやす!



さけ472金冠黒松純米

柄からしてややレトロな、永く愛されてきた物件だと思われる・・
もちろん知識あるわけちゃうんで、いい加減なこと言うないわれますが。
まあ、風格は感じるということで。

味わいもまたスタンダードな風格を感じました。
うまみはごついですが、飲みやすさも抜群。これは本当にすべての要素において完璧な物件であると。
アテは魚系に決定。
飲む時は燗せえよーって酒が言うてます。



さけ473金冠黒松 純米大吟醸

香りも味わいもおだやかで膨らむというまあほんま、ほめ言葉を並べとけもうって感じのまいりました酒。
うん、何も言うことはない。
とりあえず飲めばわかるという感じであります。
むしろ逆に今更感ある言葉だけしか並ばない王道の中の最強、まさにKING OF KINGS。
血眼でドラゴンナイトを作るあのゲームではありません。
レベルあがったナイトを狩る用にグリフォン派遣するあのゲームではありません。

なんか黒松、正宗、越の、鶴、鹿とかってつくとなんかナメてまうんよね。
よおけありすぎて。
でも、実は逆でどれもうまい可能性が高いのです。
やっぱり王道は最強だと言っていいと思います。


姫路の株式会社本田商店様
著名な龍力です
もう試飲もほぼ終わってたがたった一つのこっていたこれをいただいてみた。


さけ474龍力 大吟醸 米のささやき

著名な物件ですがはじめていただく。
まあ、それにしても凄い。大吟醸とはなんぞやと言われたらこれなんでしょうかね。
水と米の芸術品とか言うおもんない書き方をしたくなる物件。それ以上何もあらへんねんもん。

よく龍が玉持ってるっすやん。
あれの玉がこの味わいを表現するに一番いいかなと思う。
ただ、米のささやきってどうやろ。
どうみてもささやいてない。かなり大声です。
ちあきなおみ氏のささやきくらい強いものがある。





結局2000円に近いもので一本だけ買うた。
旭日豊穣のしずく特別純米酒
残4本やったんで確保!って感じでした。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 4 5 8 9
10 13 15 16
17 18 19 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
by 株価チャート「ストチャ」
最新コメント
[09/18 NONAME]
[09/18 NONAME]
[09/17 門本仮]
[09/13 replica van cleef clover necklace sale]
[09/08 NONAME]
最新記事
(09/20)
(09/14)
(09/12)
(09/11)
(09/07)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
神田 凧文
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/03/23
趣味:
音楽、野球、競馬、株式投資、ボウリング、日本酒、温泉、自転車、ウイスキー、ファミコン、旅行、観賞魚、写真
自己紹介:
たのしく
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
最新記事のフィルム