忍者ブログ
[1006] [1005] [1004] [1003] [1002] [1001] [1000] [999] [998] [997] [996]
けいば。
いつの間にか下から4人気のうち三連単三頭で勝負してた。
頭おかしなったんかなわし。




今年は凄いキャラがたくさんデビューしました。
音楽的にも興味深い人物ばかりであり、今回特集を決めました。

2014年上半期四天王。





この後、どんどん強烈なキャラが出てくるため、単なるザコに成り下がった無念の佐村河内氏。
相当いいキャラしてたんすけどね。常人が想像できる範囲内でしかその芸は発揮できなかったのが敗因。
シナリオがベタすぎたんですよね。

佐村河内氏の功績は一部のインチキ評論家の化けの皮を剥がしたことでしょう。
ブランドで物を判断するとあとで恥をかく典型です。
ホテルの偽装食材騒動でミシュ○ンや食べ○グがインチキとわかった(つか、それ以前の酷いレベルの本やサイトでしたが)のと同じ。

いや、もしかしたらそういう評論家はインチキを好むのかもしれない。
サムちゃんに同じにおいを感じたのかもしれない。
だから高評価は正しかったのかもしれない。
そういう価値観があるのかもしれない。
ブランドや主義にぶら下がってこだわってる俺かっこいいってアピるのも趣味の一環だと言えるのかもしれない






小保方晴子氏は現代を代表するアイドル兼生物学者。
若者を中心にはAKB48が相変わらず人気ですが、中高年は間違いなくおぼちゃんを支持すると思われます。
理系という顔面偏差値20台の集団(偏見)の中では輝く存在。
そして、どうしても科学者の大物というと壮年から老年男子というイメージがあります。
30歳という(比較的)若い女子が人類を変える生物学者なんて漫画みたいですやん。
しかしこれもあの騒動でドボン。いや、むしろあの騒動がおぼちゃんの人気を決定付けました。

名言、STAP細胞はありまぁすemoji
この発言により小保方氏はおぼちゃんになったのはご存知のとおり。
STAP細胞という難解な言葉をおぼちゃんはこのようにカワイク発音しました。
まず細胞の「ぼ」のところ。
Bの音を女性的な、やわらかい音で発音したことにより、難解イメージを取り去った。
これが小保方晴子ユニットリーダーなんていう高い所にいる女流生物学者が下界に下りてきてくれた瞬間でありました。
この「ぼ」を発音した瞬間に氏の名前は小保方氏からおぼちゃんに変わりました。
次に氏のアイドルへの転職を決定的にした「ぁ」
この「ぁ」が絶妙で、この「ぁ」がもう少しでも長く発音されて「ありまぁぁっす」なんてことになれば同情を買いたいのかという印象となり中傷の的になったことでしょう。
「ぁ」が一瞬だったことによって、強い立場にいる女性だった小保方氏がふと見せた弱さを見事に表現。
もし、この「ぁ」の時間がもう少し短ければ「いっこも堪えてないな、このド厚かましい女」と言われたでしょう。
長ければ女性を中心に「甘えんなクソアマ」の大合唱です。

わしはアイドルソングが好きですが、アイドルは発音が命
この辺のところ90年代あたりからのアイドルは素人が多い。
新田恵利先生を見習えっちゅーねん。
今求められるアイドル歌手はおぼちゃんであると。
とにかく発音がいいんですよね。おぼちゃんは。
わしはおぼちゃんの歌手デビューを待ち望むのであります。
絶対学者やるより儲かるで。






アンナカ氏は今までスキャンダルとは無縁と思われた人物。
それがまさかの重度のヤク中で、しかも不倫男だったというギャップ。
昔槇原敬之氏が捕まった時はゲイ、薬、暴力の三冠達成であまりに酷すぎて何がなんだかわからないレベルでした。
しかもマッキー氏の歌がきれいすぎな内容でギャップ云々レベルを超えすぎててちょっとしゃれにならんところがあった。

ASKA氏はなんかちょうどいいんですよね。
これもおぼちゃんの「ありまぁす」と同じく絶妙だった。
ASKA氏が実はダークだった、というのはやや突き抜けた音楽人だったからあり得るなと後からなら思える。
そこが下界の人間と近い位置にある音楽を作っていたマッキー氏との違いです。
歌詞はASKA氏も下界と近いんですけどね。






そして真打。
もう説明不要。
いよいよ世界史上に残る最強の政治家。野々村竜太郎!
あのお方ですね。

技巧で魅せたおぼちゃん、意外性が武器のASKA氏。
これら大物も力技で叩き潰すこの威力はどうよ。

音楽的にはジャンルはなんでしょうか。
現代音楽か、それともグランドコア。フリー的な音楽のヴォーカルに通じるものがあります。
独特の節回しの意外性はイマ・スマック氏もオール・ダーティー・バスタード氏もNattramn氏も阿宝氏もエスマ・レジェポヴァ氏も友川かずき氏もメレディス・モンク氏もナムジリーン・ノロヴバンザド氏もデメトリオ・ストラトス氏も裸足で逃げ出す破壊力。
さらに机を叩いて講談の要素も含む。日本伝統文化にも造詣が深いと言える。
さすが出張を物理的に不可能なレベルまでこなしていただけのことはあります。

議員などというつまらないものはやめて是非音楽家デビューを待ちます。
シド・バレット氏のように周りががんばれば盤を制作することは可能です。(ひとごと)






さけ303宮の華30度

沖縄県宮古島市の株式会社宮の華様の銘酒
がっちりとして厚みのある味わいながらあっさりしているという素晴らしい物件です
女性杜氏の作品であり、細やかな配慮がいきわたった・・と解説にもありましたがよくそれがわかると思います。
スキは全くありません。

ラベルの裏側に「ありがとう」と書いてくれています。いやいやどういたしまして。
こういうとこにも繊細さが表れているのでしょうか。
これだけの良物件を届けてくれてありがとうって言いたいのはこちらなんですがね。
まあ、気は心っちゅーやっちゃね
PR

コメント
無題
そうか、まだ上半期か。
下半期にはどんな大物が出てくるのか楽しみだのう。
     
佐村河内氏はブランド志向主義者のボロを見事に暴いてくれましたな。
あれは見事な自爆テロだった。
ASKA氏の件でも、ファンがまた純粋な奴
ばっかで、長渕氏の場合だったら如何にもイメージ的に本人がやってそうやから、ファンもいちいち傷付かんかったやろ。
     
オボちゃんのありまぁすは今思い返してみてもすごいな。
声と顔の絶妙の萌え加減は見事としか言いようがないであろう。
完璧すぎないあのニュートラルさが、親父世代の心をつかんだのか。
     
そして野々村神。
どんな芸人も彼にはかなわない。
表現者として一流のものを見せてもらったような気がする。
彼にはもっと広いフィールドに立ってほしい
もんですわ。
【2014/07/09 23:53】 NAME[ダークマン] WEBLINK[] EDIT[]
無題
そう、自爆テロは実はこういう世界では有効で、かつて野球界でも裏金問題を自爆テロで解決した人物もいた。
サムちゃんはそういう意味で大変貴重な人物です。

長渕氏はむしろハクがついたね。
悪ぶりたい人が実は良い人がファンに多いので、ぜんぜん悪影響もないし、エンターテイメントとして楽しめる範囲内の・・・っちゅーたらあかんか。

おぼちゃんはもしいかにもデキるタイプだったら終わってた。社会的に抹殺もありえる。
童顔で甘えた感じの声のおかげで助かったと言えると思うっすね
サムちゃんは悪人顔だったから終わった。
まあ、実際サムちゃんは悪意が大きかったし、おぼちゃんはたぶん本人的には悪気ないかもですが。

そして悪気ありまくりなのに絶賛なのが神。
なんせさんま氏が「俺よりおもろい」と言うほど。
大谷君と同じで実力で批判をねじふせたレベル。
やっぱり野々村神もスターっちゅーことです。
【2014/07/13 02:07】 NAME[NONAME] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
6 7 8 9 11
12 13 15 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
by 株価チャート「ストチャ」
最新コメント
[11/14 NONAME]
[11/14 ダークマン]
[10/25 NONAME]
[10/24 ダークマン]
[10/11 NONAME]
最新記事
(11/17)
(11/14)
(11/10)
(11/05)
(11/04)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
神田 凧文
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/03/23
趣味:
音楽、野球、競馬、株式投資、ボウリング、日本酒、温泉、自転車、ウイスキー、ファミコン、旅行、観賞魚、写真
自己紹介:
たのしく
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
最新記事のフィルム