忍者ブログ
[919] [918] [917] [916] [915] [914] [913] [912] [911] [910] [909]
けいば
なんやねんぼけ


やきゅう
阿部さんつぶせたかな。
当ててでもインコースは重要。
去年はハムが阿部さんに完全にやられたからのう。
今年の嶋さんほんますごいと思う。






ビルマの音楽~竪琴とサイン・ワイン

ビルマ、現ミャンマーの音楽。
サイン・ワインとはすさまじい打楽器のアンサンブルで、西洋音楽目線からするとアヴァンでフリーな音世界。
特異な歌もからむ。
ある意味フリージャズ好きにも楽しめそう。

弦楽器の独奏も豊かで、たまにアフリカのコラの演奏の曲っぽいのも。
こちらは珍しい感覚ながらなぜかなじみやすいという素晴らしい音楽性。
東南アジアの音楽は本当に色々あるので興味深いですね
われわれ感覚で言えばユニークながら引きつけられるものは大きい。




Son Seals Blues Band / Son Seals Blues Band

70年代の熱い空気を持つブルース。
くっさい弾きまくり唸りまくりのギター。
ブルースマンの本能が生み出すフレーズ満載。
好き者ならストライクに決まってる盤であります

この前車でラジオ鳴らしてたらこういう曲がいっぱい流れてきた。
おかんが「ふっる」「くっさ」連発。
いいじゃないすかねえ
うざいくらいに、客の耳元にまでギターを寄せてきそうなほどのテンション。
これがないと音楽おもんないでほんま。






奥田民生 / コーヒー

民生氏の歌は本当に必要だと思う。
現代人に特に。
この歌を聴きながらコーヒーを飲むことが必要です。
そしてこの歌は民生氏にしか歌えない魅力ってのはみんなわかってると思いますが、この歌を歌える人が他にいないというのが現代日本が癌に侵されてるという証明。
けだるいけどあきらめた感じではなく前向きなのがポップでいられる民生氏の凄さ。
そしてB面にはそのだるさが溌剌とした感じに変わるような曲。

「愛のために」も素晴らしいが、どちらかというとこちらのほうがすげえと思った曲です。
もっと売れて良い。




さけ207キルベガン

アイリッシュウィスキー
個性が強くはないが、スムースで口当たりの良い、そしてフトコロにも良い物件。
優等生的だと思います。

とりあえずウイスキーと思うが何も思いつくものがないときに飲んだりして結局すぐ飲みきった思い出があります。
グラスつきで安く、アイリッシュ割と好きなんで買うただけなんすけどね。
こういうのがあってこそ個性のあるのも存在価値があるんだと感じさせてくれます。
ほんま。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
by 株価チャート「ストチャ」
最新コメント
[12/08 NONAME]
[12/06 ダークマン]
[11/14 NONAME]
[11/14 ダークマン]
[10/25 NONAME]
最新記事
(12/12)
(12/11)
(11/29)
(11/24)
(11/17)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
神田 凧文
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/03/23
趣味:
音楽、野球、競馬、株式投資、ボウリング、日本酒、温泉、自転車、ウイスキー、ファミコン、旅行、観賞魚、写真
自己紹介:
たのしく
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
最新記事のフィルム