忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
(; ・`ω・´)けいばいんちき134着てなんやねんぼけ
なんかけいば常にいんちきやな

てか、現地してんけどめっちゃ人多かったな(ノ_<。)
スタンドまでぎっちり
混むん嫌いやから八大競走とかは今まで行かんかってんけど、サブちゃん氏来るし仕方なくいった
てかまあ本命は第8回 地酒フェスタ ~京都日本酒紀行~ ウェスティン都ホテル京都やねんけどな

めっちゃ構造がわかりにくいホテルでめんどくさかったわ
どんだけ歩かせよんねん
まあそれはそれで京都の酒造様がかなり多く来られるのでありがたい
ただ、高級、貴重な物件はその場で追加料金とかなりせこかった
まあでも食事も豊富だったりとイベントとしては優秀
来年も行く価値は高い(´ε`;)ゞ



まずは伏見の月桂冠株式会社様(。・ρ・。)
超著名酒造様の大物物件は半端ではないので楽しみにしていた

かなり丁寧な解説もしていただけました



さけ1095月桂冠 超特撰 鳳麟 純米大吟醸(*゜▽゜*)

いきなり大物から
月桂冠最高のと言うが価格は4合2600円也とそれほどやばくはない
口当たりのちょうど良さ、非常にコシある、密度の高い甘み、渋さもありまろやか
キレもよく瑞々しい
全てのバランスが完璧でした

平均ペースでただただ飲み続けてしまう
厳かな物件でした
高い伝匠とかどんなんやろと思ったが700円也だったので今回は根性でなかった
ちゅーか、けいば行くとか色々あって金残しとかなあかんかってん




さけ1096月桂冠 祝米 大吟醸(o^-^o)(o^∇^o)

コシのある甘みも淡麗で上品
香りはフルーテー系も嫌みなく穏やかながら主張してくれます
こちらは貴重らしい祝米で↓よりお高め
まあ、それでも安いですが

味わいは↑に比べるとインパクトは薄いが、こちらのほうが飲みやすさはありますね
個人的には↓のほうが良かったですが、ほんまどれも素晴らしく、好みの問題以外にはなんもないところです




さけ1097月桂冠 大吟醸 京の輝き( ̄。 ̄ )

甘みはやや淡麗でさらり
美麗な口当たりとみずみずしさはやはり素晴らしいです
4合1100円とかありえへん
渋くシュッとした、まさにこの瓶の柄のような味わいで高級な雰囲気
かっこいい酒ですね
大吟醸クラスはあまりですが、これはわし好みに入ります
安いからちゃうで!!

それにしてもこの値段
やっぱ大手メーカー様はやばいよなあ・・






お次は京丹後市は白杉酒造株式会社様(>人<;)
丹後でもわしらが行ったことない真ん中のほうにあるらしいですね

なんと多くの商品が食米で醸されてるとのこと
面白いです
さらにたった三人で酒造り、機械も買えないとのことで超小規模酒造様と言えます
しかし、味わいはどれもそれを感じさせない素晴らしさ、というかいい酒造様としか思えないんですが・・





さけ1098白木久 純米生もと原酒φ(.. )

これは燗してくれていました
口当たりやさしく、湯気とともに香る香ばしさ
コクはあるが、クセはそれほどなく、クリーミーな酸味があるだろうと感じます

これは寝かせたらもっといいらしい
わし好みに化けそうな予感がしたので購入しました
1600円也
一年置いてみます






さけ1099銀シャリ 特別純米酒(o´ з`o)

おいおいそれ寿司やんというのはササニシキのお酒らしいです
酸味がジューシーで渋みも感じ、やはり甘旨みがしっかりしていて香りもよく
そして引けにも渋みを感じるので上品かつ力強いバランス
これはかなり良いです

インパクトはあるものの、どこか渋い
俳優のような酒と言えるでしょう



さけ1100白木久 純米吟醸 BASARA(;`・ω・)

かなりフルーテーで、ジューシーな甘み
非常に力強い味わいで、やはりコシヒカリだからかコシのある(すいません)味わい
渋さもあってしつこくないのでちょうどいい味わいと思われます

他が良かったので個人的に目立たない存在になってしまった
しかしこれも非常に旨いです



さけ1101白木久 純米無濾過原酒 BASARA(*´ω`*)

搾った酒を無濾過で瓶詰して火入れ、ガス感すら残すという物件
これもかなり泡がありました
米由来の甘みに酸味がしっかりとまとわる
んで、渋みとともにさらっとキレ
火入れしてるので保存もできるとのことですし、フレッシュかつ普段使いにも適する良物件です

こういう物件は小規模酒造様が多いのでなかなか入手が難しいんですよね
まあ、大阪でも取り扱いあるようなんで、銀シャリとか見に行ってあったら燗してみたいっすね






さけ1102白木久 純米大吟醸無濾過原酒 BASARA(。・ω・。)

素直にフルーテー甘く、ぎっちり甘旨さが詰まった物件
しっかりコクもあるので飲み応えもあります
はっきりした味わいも穏やかと言えるほどに柔和ですが、渋さもありキレはややびしっと決めてくれます

じっくり飲んでいるとどの要素もよくわかります
今回の地酒フェスタはどの酒造様もたくさん注いでくれたのでじっくりがやりやすいんですよね
まあ、その辺他の利き酒会より金取る分さすがでした
PR
(; ・`ω・´)またけいばいんちき234着

路線バス旅おもろかったな(ノ_<。)
蛭子氏抜きでやれるか思ったっすが
太川氏がナレーションでしたね
どうせならプロの太川氏ならではの感想も入れて欲しいが

てか、静岡から豊岡。行ったとこばっかで見覚えあるとこがズラリ
懐かしかった
薩た峠の富士山うまいこと見れんかったみたいでもったいない
わしはええとき行ったんやな

碧南市のコミニテーバス面白そうで、海底トンネルも行きたい(つД`)





サラダの国のトマト姫(。>д<)

・ゲーム概要・・・柿っ八を殴るゲーム

・音楽性・・・ファミ音史上最強の物語を彩る音楽性ですね
BGMとしても曲としても最高です
ゲームに集中しながら何気に聴いててもしっかり頭にも残るのは完璧だという証明がされます
物語のほうもゲームのほうもコンパクトで無駄もスキもなく、しょーもないダジャレからまじめなところまでしっかり詰まってるっすよね
謎解きも数は多くないものの意外に面白いところも多数です

・感想・・・まあなんせキャラがかわいすぎてやばいです
これだけでゲーム性知らんと買うほど
あと、トマト好きやし
それとわし色でも黄緑とか水色好きで、ほんでこのカセットも黄緑やった思うねん
その辺もばっちしでした
てか、柿っ八ボコボコに殴り倒してたけど、ほんまはめっちゃかわいいと思ってます
あんなかわいいキャラおる?リラックマと同じくらい好きです
わしリラックマグッズアホほど持ってるキモイおっさんやねんけど柿っ八もあったらオークションで買いまくってると思う
てか、そういやCDいっこも買わんようなったな
日本酒が犯人やねんけどな
まあほんでもファミ音研究で今んとこ3年くらい費やしてるとこやし別に困ってもないし
今年はパリーグが既に終了したのでファミ音研究が進んでうれしいわあああああああああああああああああああああああ











ハローキティのスウィートアドベンチャー ~ダニエルくんにあいたい~(つд;*)

・ゲーム概要・・・しらn

・音楽性・・・そういやゲームボーイのキティはどれも素晴らしすぎるんですよね
占いのゲームもあるっぽいねんけど、それは映像はなくて音楽だけyoutubeにあるねんけど異常なほど気合い入った音楽性
まあ言うたら簡単なゲームなんやろけど何あの音楽性
これも映像ないからわからんのでなんともですが、なんでこんな気合い入ってんねんと思える音楽性です

・感想・・・キティも大量にあるねんなあ・・・
ラウンドワンのボーリングでもだいぶムキになって集めました・・










スーパーパンo(TヘTo)

・ゲーム概要・・・タイトルはおもんなさそうやけどゲームはめっちゃおもろそう

・音楽性・・・空気読める音楽性
背景との雰囲気が完璧に一致
カプコンらしいですが、スト2と同じで国ごとの個性みたいなのがしっかり感じられる素晴らしさ

・感想・・・当時は格闘やロープレが流行ってたけど今となってはこういうゲームやりたいすよね












ペンゴ・゜・(PД`q。)・゜・

・ゲーム概要・・・ああーもうペンギンかわいい

・音楽性・・・ものすご個人的イメージですが、サウンド、音楽性、そしてテンポがゲーセン的に思えます
このスピードがやや過剰なテンポがまさにゲーセンな感じなんすよね
実際まあやや興奮状態にあるときは速めが合うというのはライブでポップスやロックバンドがやや速めに演奏するのと同じと思われます

・感想・・・ペンギングッズも大量に以下略











イースIII ワンダラーズフロムイース(´;ω;`)

・ゲーム概要・・・名はよく聞くがわしの周りだれもやらんのでわからへん

・音楽性・・・シリアス系として良心的音楽性
物語が見える雰囲気を持つので空気読み度高いです

・感想・・・一見おもろなさそうなんですが・・











さけ1094両関 特別純米酒 山廃(T . T)

秋田県は湯沢市の両関酒造株式会社の美酒
非常に淡麗ながら旨み、ジューシーさたっぷり
バランスよく旨いです
ぬる燗が最適とのことですが、じわっとくる酸旨で、フルーテーさも秘めるっすね
アテにはキンメダイが安かったのでちょうど合いました

香りも穏やかとありますが、はっきりとしていて爽やか
これはいいですね
豪快に山廃という文字でかなりおっさん臭さがあるラベルっすが、飲みやすいと思います
(; ・`ω・´)上田市は沓掛酒造株式会社様
混んでたのでちょいとだけ





さけ1088福無量 純米大吟醸(o´ з`o)

非常に飲みごたえも美麗さもある純大
さわやかさも感じる甘みがあり、コク旨さも奥に
渋みも効いていてしっかりしたストーリー
起承転結がしっかりですね

わしが最低な漫画(落書き)書くときは起承転結なんてなかったからな
もしわしが酒造りとかしたら(できるわけないけど)めっちゃくちゃな酒になるはず
ショウガ風味から苦みが出てきていきなり温度が上がって炭酸がシュワってしてきて最後は激辛とか
ある意味そんなんできたら凄そうやけど
でもわし釣りとかでも変態みたいな魚釣ってたし(まともなんは釣れん)奇跡はおきるかも


ここも混んでて話聞けなかったので移動
そして岩清水のブースはほとんど売り切れ(´-д-;`)
さすが人気ですね
NIWARINGOはありましたがGOWARINGOとの比較がしたかったので書かない
これまた酸味が楽しい岩清水らしい物件でした



さけ1089岩清水 純米吟醸 白ラベル 中取り無濾過本生(  ・`ω・´)

酸味とフレッシュ感のある生ですが、渋みなどもちゃんとしていてバランスばっちり
味わいも濃すぎずもしっかりのちょうど良さ
それぞれの要素が引き立て合ってる印象すら受けました

これもまた凄いですね
渋温泉とか近いというので電車でいけるか聞いた
長野行ったらここと善哉様、中善様、角口様などがねらい目になっています



お次は中野市は株式会社丸世酒造店様
お燗コーナーで非常に詳しい女性の方が燗してくれてまして、その方が色々お勧めを教えてくれました
その中で勢正宗の一年熟成がいいというのでブースへ


さけ1090勢正宗 長野の星空(゚∇^*)

非常に柔らかな甘みとコク
華やかさが意外にありました
淡麗で水の良さは良く感じます
優しい味わいは星空をイメージできるでしょうか

つっても大阪なんて星ほとんど見えへんからな
妄想をアテにすらできん
やっぱり長野とは格差が半端ないです



さけ1091勢正宗 グリーンカープ( ・ω・)

日本酒度-7という表示通りのまったり甘口
しかし美麗なタッチで案外きつくはないです
やはりおすすめだった燗が素晴らしいですね
含んで香りが責めてきて、甘みがわんさか
ジューシー感もでてきて本当に勢いが増します

燗して面白いのは味わいの変化ですが、これはパワーアップが半端ない良さですかね
ドラゴラムでメタキンとはぐメタを一掃したくらいのレベルアップ
Aボタン押しっぱなしがめんどくさいほどです





またお燗おすすめいただいたので移動(  ̄ェ ̄)
武重本家酒造株式会社様は佐久市の酒造様です




さけ1092牧水 きもと本醸造(´ε`;)ゞ

しっかりした旨みがいかにも燗向きと思わせる
当然燗しました
そうすれば香りも旨い
もちろん甘みが際立ってきてバランス的にも最高
冷だとキリっとして飲みやすいかもですが

辛口は燗して旨み、冷で飲みやすいとどっちもいけるのがいいですね
アテの種類もそれぞれ変えられそう




さけ1093御園竹(*’ω’ノノ゛☆

非常に柔和
甘みもまろやかで安いのにコクも感じる・・
山廃造りのお酒を約四割混和しているという手間もかかってるそうです
その割に激安
ありえません

もちろん純米とかに比べるとストーリーは平板
それでもやはり燗すれば幸福度が高い
円やかな物件はほんま燗で幸福感が得られるのです




お燗コーナー行ったり来たりでめちゃくちゃです
お次は若緑の長野市、今井酒造店様
ここに来たのは寒竹でいっしょになった男性が必死になっておすすめの燗があるとの情報をいただいたからです
そのおすすめが初年度にいただいたことのある若緑 手造りの酒 特別純米酒
燗したものと比較すると確かにコク甘の出方が全然違った
ブースでもわざわざ魔法瓶で燗したものを準備していたほどのおそらく凄い自信
あと、大古酒もいただきました。すみません(つд;*)


色々周りながら最後甘酒で〆
やはりうまいっすね甘酒
そして去年買いそびれた本をGETしました
信州の景色も写真で紹介されてて良すぎる本です(´・ω・`)



今回は普通酒、無濾過生原酒とあまり進んでなかった分野でレベルアップできました
はぐめた倒してさらに宝箱取れたくらいの喜びです
そういやはぐめたってなんで聖水かけたら死ぬんやろと思ったけど、あれって錆びるんかなということで〆させていただきます(U´・ェ・)
(; ・`ω・´)木曽郡湯川酒造店様
杜氏の渋さにもかかわらずモダンなブランドです
日本でもトップクラスの高地にある酒造様だということです
HPも木曽の異常なレベルの高い自然をアピールしてくれます






さけ1077十六代九郎右衛門 純米吟醸 愛山(*ゝ`ω・)

ド派手なピンク色の文字がそのままの味わい
酸のきいた甘いジューシーフルーツ
日本酒界のスイーツとはこのこと
この色からぶどう系を思わせる味わいですね
それでいていやらしくないさわやかなキレもあってわしはしんどいと思いそうな物件ですがそうでもなかった

やっぱり女性軍がこれを好んでいました
凄い勢いですねフルーテー酒


さけ1078十六代九郎右衛門 純米吟醸 東条産山田錦(。・ω・。)

こちらはもう少し控えめな感じ
バランス型と言えましょうか
渋く奥ゆかしい甘み旨みがアテにも合わせやすいものになっています
ここのラインナップでは相当地味に感じるかもですが、単体だとそうではないかも
3割、25本くらいの打者って感じです、意味わからんが

やっぱり↑のほうが流行りそうです
↑はほんま何がいいのか即わかりますし


さけ1079生もと特別純米 金紋錦 生原酒d(゜ε゜;)

コク旨が複雑に絡み合う不思議な物件
それでいてなめらかで飲み心地も良し
広がる多彩な旨みは凄いことになってしまいます
波状攻撃にわしは即死、オーヴァーキルと言っていいほどです

この飲みやすさと厚みの融合がモダンちゅわれるもんかのう
確かにこれは良い物件
今回生とかで比較的いいものを見つけられた
レベルアップできそうです



さけ1080十六代九郎右衛門 特別純米 ひとごこち(T ^ T)

非常に甘みがもっちり、コクもあって飲みごたえ十分な物件
なめらかな舌触りもあって優しい存在
今回持ってきてくれたのはどれもパワーあったんでその中では一番ライトと言えそう
しかし普通に比べたら相当なウマクチです

低アルも発売とのことで、現代のニーズもよく満たしてくれていると思います
是非もっと流行って欲しいです



さけ1081十六代九郎右衛門 純米吟醸 美山錦o(`・д・´)ノ

こちらは酒造様の定番とのこと
確かにフレッシュで、渋みのサポート、酸味の力でバランスの良いものだと感じます
甘みも爽やか
愛山がスイーツすぎてわしには厳しい部分もあったが、こちらは納得
幅広く楽しまれるのもわかります

酒造の解説もよくわかる、というか書いてるのを見ていちいち頷きながら味わいをそのまま思い起こせる
説明上手ってのもありますね




さけ1082十六代九郎右衛門 特別純米 金紋錦(>人<;)

非常にむっちりとした甘みが早くから花開く
サビがイントロ前に来る歌みたいな感じです
なんのこっちゃ

はっきりと厚みある味わいでジューシー
それでいて甘すぎないのは酸のおかげでしょうか
柔和さもあるほんまスグレモノです



お次はお燗コーナー発見したんで居座った(≧∇≦*)
ほんなら終わりまでずっと同じおじいちゃんがおった
やっぱり日本酒は燗です
で、ここで寒竹をいただいておっさん吐息がむっはあああああああああああああああああああああああああってなったんで即寒竹ブースへ



佐久市、戸塚酒造店様は日本一小さい酒造様?らしいです
激安酒が安いのはほんま凄いですね
お気に入りに追加



さけ1083寒竹(((*´ε` *)(* ´З`*)))

かなり淡麗な普通酒
甘さがほんのりで美麗です
価格は一升1700円也の激安ですが、半端ない美しさ
これは凄いですね
佐久の人は幸せでしょう

燗してもらいに行ったら・・・・・・・・・・・
うまいぞおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
阪急ホテルをつい破壊してしまいました
まあ、長野の酒メッセなんてやると決めた時点で破壊されるのは覚悟の上だったでしょうね
来年までに建て直しとけよ






さけ1084平左ヱ門 特別純米(ρ.-)

JA佐久浅間高原のしずく米部会(有賀寛治部会長)がつくる特別栽培米「高原のしずく米」(コシヒカリ)を原料にした日本酒(コピペ)が佐久市内の酒造会社3社の協力で商品化
米を提供した3人の生産者の先祖名から名前をとったとのことです
しっかり酸味があって旨みとのバランスもよく良い物件です
美麗だし単体でも十分

どんどん新しいものが出て来るのでこっちも追いつかないですが、こういう会でしか飲めんとかは多いですよね
お気に入りに追加したものとかだと悲しいです





さけ1085竹虎 特別純米(´・ω・`)

なんか東京向けらしいので無念ですが、お試しだけ
非常にまろやかな淡麗な口当たり
コクもありますが爽やかで飲みやすいです
後口もほどよくバランスがいいのでいくらでも飲めそう

やはり個人的には他のほうがいいですが、もちろんこれもうまいです
これも4合1000円也を割るという・・すごいっすね



さけ1086竹虎 純米吟醸(・ε・ )

こちらもまろやか
香りやタッチもほのか
非常に軽快な印象の純吟
特別な個性は感じなかったです

これまた上品ながら比較的安価
やはり価格は普段飲みなら大事かと





さけ1087寒竹 軽井沢 純米大吟醸( ・ω・)y-~

淡麗でさっぱりした甘みが特徴
軽井沢の水と米が原料で、リゾート地向けのこれまた軽快な物件
基本この酒造様辛口ですが、地元以外のはどれも軽さもある感じがします

確かにスキーのあとに熱燗は似合わんわな
こういった物件が合うのは間違いなさそう
ラベルにも意識が見えるのがいいですね



あとは寒竹の自家栽培ありましたが、もう一度飲まんとわからん感じでした
また書きます
てか、ここで一緒に飲んでいた30代くらいの男性がかなり気合い入ってて、話もした
その後良かったものも教わったりしました
他にもいろいろな人に薦めてたりした忙しい人だったが、言うてることは確かだったので良いことですφ(.. )
(; ・`ω・´)お次は中野市、志賀泉酒造株式会社様
途中でなんか重要な人が来たみたいなんで二銘柄だけいただいた



さけ1070志賀泉 ひのくち 本醸造生原酒(*^_^*)

濃縮感のあるストレートなガツンと甘い酒
味わいは非常に美麗なのでがっちりした物件が好きならはまりそう
ロックでも良さそうなので夏も
冷やしたらパワーのある甘みにキンとして口当たりが合いそうなタイプ

瓶の色といい□一と似てる気がしたが気のせいか
しばらく飲んでないからわからんすが・・・


さけ1071朝から大吟醸 純米大吟醸(*´-ω-)

アル中ご用達な危険なネーミング
コク甘と言えましょうか。もっちりしたものすら感じます
これを朝からというのはなかなかダイナミックです
900mlというお買い得瓶というのも面白いです
一見酒に見えないのでのん兵衛のおっさんが嫁にわからんように隠れて飲むのにも合わせているのでしょうか
ラベルが豪快すぎるからそれはないか

価格も良心的ですし、個性もしっかりしているし、味わい深い良酒なんですが
なんせこのネーミングが吉と出るか凶と出るかはわからないところ・・
焼酎は思い切りが良すぎる名前多いんで、日本酒も頑張って欲しいところ



お次は飯山市角口酒造店様・゜・(PД`q。)・゜・
春酒がありました
若い方の多い酒造様で今回のメンバーも非常に若手ばかりでした
説明は杜氏自らしてくださって、地域の食文化とあわせてよく勉強になりました
なんか飯山市には幻のそばというのがあるらしく、米が寒すぎて獲れない時期につなぎにごぼうを使うとかいうとんでもない物件があるという
そんなんで北光金紋純米とか飲んだらたまらんやろね
まだ三十そこそこの若い杜氏で今後も楽しみですよね


さけ1072北光正宗 春季限定 はなやか吟醸(; ・`д・´)

甘口も辛みがしっかりと
アテが欲しくなってたまらない物件です
きりっとした味わいにほのかな華やかさ
ややアルコール度数をおさえた春らしさ
信州のさわやかな空気とともにいただくと良いでしょう
空気がアテとかいいっすよね
大阪の薄汚い空気ではダメですねもちろん

だからわしは信州の桜をイメージしてアテにした
めっちゃ無理があるけど
イメージがアテとかだんだんわしも変態になってきましたか



さけ1073北光正宗 純米 ひとごこち(*`・ω・)

旨みが非常にほっこりとした物件
水の良さも感じるさわやかさ
安心感のある味わいと言えます
その中でちゃんと必要な要素の主張はしてくれています
特別純米と比較したが、こっちのがいいですね
純大も気に入っていたが、今回で北光正宗の一番はこれに変わりました

輸出も多いそうで、外人もこの柔和さをわかってくれるのか
うれしいことです
それとだんだんこういう会も客層が広がってる気はしますね
相変わらず女性はフルーテー系がお好きなようです






お次は岡谷市は高天酒造株式会社様のブースヽ(・ω・ヽ)



さけ1074高天 普通酒(*´ω`*)

やはりレギュラー酒が安くてうまいと素晴らしい酒造様と思います
味わいはコク深く甘さが十分
ちょうど山菜のおやきを持ってたんですが、非常に合います
煮物とかもよさそう

オシャレなお姉さんには全く合わないもっさい部分は多いです
つまりわしのようなクソださいおっさんが飲むべきもの
正直わしにはひつこかったがな
でも、燗したらOKでした



さけ1075高天 辛口 通(。・Д・。)

かなりキレよい、あるいは薄目の物件
というか、純米とかと比較したらってな話ではあります
水のように飲める・・くらいには優しい味わい
単体ではやっぱり面白くないですね
アテがないと・・・
そして燗もしないと

こういう会でこのような物件は相当不利
しかし地酒の普通酒って意外にも純米とかより入手困難だったりします



さけ1076高天 本醸造 特撰辛口(; ̄Д ̄)

非常にキリっとして旨みしっかり、コクも含むわし向き物件
アテも活かす、無しでもうまい、冷、燗どちらもOK、そして安価のオールラウンダー
一家に一本、岡谷市の家庭ではこれがない家は非市民とされて街を追い出されるべきです

とはいえ、ねえちゃんが高天ブースに来て「フルーテーなのを」と注文していて、やはりこういうのはおっさん向けなのかと思いました
わしはどう考えてもこっちのがええねんけどなあ・・好みちゅーのはあるっすねえ


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 7 8
10 11 12 13 14 15
16 17 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
by 株価チャート「ストチャ」
最新コメント
[06/04 NONAME]
[06/03 ダークマン]
[05/12 NONAME]
[05/11 門本仮]
[05/10 NONAME]
最新記事
(07/18)
(07/09)
(07/06)
(06/26)
(06/18)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
神田 凧文
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/03/23
趣味:
音楽、野球、競馬、株式投資、ボウリング、日本酒、温泉、自転車、ウイスキー、ファミコン、旅行、観賞魚、写真
自己紹介:
たのしく
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
最新記事のフィルム