忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
(; ・`ω・´)ふらり旅いい酒いい肴
新潟県の上越市高田
雪深い場所で非常に良さが常軌を逸した町並み、食品、言うまでもなく酒の層の厚さ
魅力ありすぎで新幹線もあるんで検討したい
しかししばらくは桑っちょのせいででかい金は使えん
まあ、案外交通費は浮かせられそうやけんども・゜・(。>д<)・゜・



お次は佐久市、武重本家酒造株式会社様
普通酒が素晴らしい酒造様です
今回は非常に発泡やにごりをいただきました(ノ´∀`*)


さけ1703十二六ライト(*´ω`*)

さわやかな乳酸菌飲料的酸味のバランスに米由来の甘さがアクセント
度数は4度、加熱殺菌で軽くて安定性ある味わいです

ライトじゃない方はすごい評判のようで
しかしこちらはガチ勢でない人向けにという感じで作られたという



さけ1704泡泉花( ・ω・)

炭酸飲料にやや旨さで円やかに
甘さの柔和さと切れ味がジュースにはないものですね

果実系や炭酸の清酒はもう少し安価さがあれば無敵だと思うんすがそれだけが無念であります




さけ1705御園竹 濃醇旨口 生酛原酒無濾過生酒(*’ω’ノノ゛☆

非常に香りは甘いこくのあるがっちりさ
しかしその香りのわりに美麗さのある酒質
もちろん味わい深さはありますがしつこくないのがgood

普通酒にブレンドされる山廃の酒はこれみたいですね
なんせあの作品ほんまうまいですし、さすがでした


さけ1706御園竹 濃醇旨口生酛原酒 蔵内生熟成Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

きもと生の常温熟成とのこと
当然味わいは圧倒的濃さ
しかしとろみすらありそうな味わいの個性ながらクリアなので飲み心地も良く、熟成初心者でもというレベル

さらに自分で寝かすことすら推奨するくらいで、マニアックな酒蔵様と言えます
どぶろくに熟成にかなりコアさがやばそうに見えて一般人お断りではない、本当に良い酒蔵様です


お次は長野市、株式会社東飯田酒造店様(*´∇`)
サブカルクソ女の方が蔵人ということでブースの華やかさが半端ないです
おそ松くんがお好きらしく、わしの頃でさえ再放送だったのに今の若い子も見るんやなと驚きました


さけ1707Chira Rin(ラズベリーリキュール)(。-`ω-)

ラズベリー酒なんですが、非常にラズベリーの良さがクリアにわかる物件です
わしは甘さが目立つ果物よりこういったタイプが良いです

なんせこのパンティ瓶が凄まじい
これを初見で日本酒の類と思える人間はいないですね
このぶっ飛び具合は宣伝が地味になりがちな日本酒界には大事です



さけ1708生貯蔵酒 小松原パインφ(.. )

非常にキリリ口当たりからさわやかな甘さ
かなりのライト感覚で普段飲まない人にもという物件
もちろんこのかわいいラベルも大事です
しかもかなり安価さもあります

小松原は酒蔵のある地名
パインは松からということです


さけ1709純米吟醸 おしのさん(  ・`ω・´)

こちらは篠ノ井という地域のご当地キャラらしく、そのおしのさんが泥酔しているというラベル
たしかに女性向けのさわやかさ、いくらでも飲める軽快さは間違いないです
原酒らしく味わいそのものはしっかりです

ラベルは中身を実は良く表していると思います
あと、調べたら萌酒というジャンルもあるとのこと
秋葉原行くことあったら見てみよか



さけ1710本老の松 山廃純米酒(o^∇^o)

酸味が非常に強く、甘酸っぱいワイン系
軽快さはありますが、コシは強く旨さもあります
これもまたラベルが↑と違うタイプではあるが女子にやさしいです
内容ももちろんそうです

甘口の白ワインとかよりこっちを・・と思いますが相手は価格の安さで迫ってきます
税金のこともあり、これからさらに厳しいですが間違いなくこっちのがいいはず





これ以降正確に思い出せないので省略
(*´ω`*)

去年はたくさんの出会いから、ただ酒の種類を覚えるだけというのはやめて、楽しむことを優先しました(・ε・ )
その結果はうまく出たと思います
変に欲張らずに一杯を大切にします

日本酒道は奥深すぎて全然レベルアップできません(o^∇^o)
まだドラクエで言えばアッサラームのゴリラをラリホー、マヌーサで殺すつもりがマホトーン使うやつに魔法封じられてぼこぼこにされるレベルです
つか、まだはがねのつるぎもてつのつめもないくらい
闘技場で増やそうとして一番つくやつにかけて負けるから金ないねん
まほうつかいだけには逆らわんけど
ていうかいつまでアッサラームのゴリラに殺されてんねん
はやくアッサラームついておっさんにぱふぱふされて大人への階段を上らんとあかんねんけど( o´ェ`o)
PR
(; ・`ω・´)小諸市は大塚酒造株式会社様
若いねーちゃんが杜氏で、非常に飲み良い物件が多数
ねーちゃんなうえに美味でもあったので人気でしたが話を聞きながら飲めました

さけ1696浅間嶽 純米吟醸(。-`ω-)

非常に柔和な口当たりから米由来の旨さがじわり
辛口ながらふわっとしていて燗もいけそうです

全体に柔らかいように感じました
それでいてこくあり
ゆっくり飲みたいから買いたいですね
味わいストーリーの進みがかなりゆっくりかと思われます

さけ1697浅間嶽 大吟醸(*≧∇≦)

かなり旨さがある味わいで美麗な舌触り
香りは飲んでるうちに感じてきます
柔和な旨さは浅間嶽の特徴でしょうか

こちらまたゆっくり飲まないと魅力が全てわからない
繊細というわけではないが、ゆったりという酒もあるなと考えました


さけ1698浅間嶽 純米酒゜+。(*´∇`)。+゜

これを飲んで燗酒コーナーないかと思い出した
柔和な甘旨さが適度な鮮度と軽快さ
それでいてこくも感じる
香りも旨くこれはだいじにしたいし重厚ではないんでぬる燗をと
今回は燗なかったんすよね

ちょうど良い感じの味わいて感じです
気軽に飲みたいです

さけ1699浅間嶽 純米生酒 献寿( ・ω・)y-~

生酒ですがうまさが中心
アクセントのようにフレッシュな感覚をおぼえました
やはり旨さは思った以上にがっちりなのか

酸味のかどもないですし、自然なのみごたえで火入れ派のわしも納得です



さけ1700浅間嶽 無ろ過生原酒(*ゝ`ω・)

完全に甘いこくがはっきり
水質はきれいながらがつんと!甘いです
こくもありただ甘いだけではないですが

わかりやすい物件で、杜氏も好き嫌いははっきり分かれると言ってました
ロックや水割りでいいくらいに濃醇です





お次は磐栄運送株式会社様(;´・ω・`A
福島県いわき市の会社ですが、破産した菱友醸造様から事業継承して再開してくれるようで
なぜ菱友醸造様が破産したかという話も色々まとめると攻めすぎな経営が失敗だったとか

去年下諏訪で見たあの建物は立て替えるそうで
設備も一新
すべてを新しくして新生御湖鶴となるようです
その一年目の物件をいただきます


さけ1701御湖鶴 純米吟醸 五百万石 無濾過生原酒 辛口(*´・ω・`)b

長野では珍しい五百万石
これは福島産の五百万石らしいです
かなりドライ辛さが美麗なこくのあるボディを包みます

これからさらに良くしていくということで期待大です
今でも素晴らしいですからね
しかし以前の御湖鶴ファンはどうでしょうか



さけ1702御湖鶴 純米吟醸 山田錦 無濾過生原酒(* ´З`*)

まだ味が乗っていないということでかなり円やかすぎます
しかしうまくなりそうな味わいの質は感じました

また「完成」御湖鶴をいただいたら感想書きたい
全部試飲しましたが話を聞くのに集中しすぎて後半覚えてない・・
(; ・`ω・´)長野の酒メッセ
一年で一番大事な日でしょう
慣れてはいるが、やはりかなり戦前は緊張が凄い

長野はちょい行ったりしてだんだん話題も多くなってきた
地域ネタをきいて楽しいのはうれしいです(´・ω・`)


まずは和田龍純米で気になっていた上田市の和田龍酒造株式会社様(*’ω’ノノ゛☆
かなりどの物件も好みのバランスで間違いのない酒蔵様です満員御礼で話が聞けなかったのは無念です



さけ1688和田龍登水 山恵錦(*´艸`*)

洗練された味わいで旨さはよく感じられます
水質も抜群です
旨さがしっかりあり、この新品種はかなり普段使いに向きそうです

コメ違いの4種をいただきましたが、洗練度は一番な気がしました




さけ1689和田龍登水 ひとごこち(。・`ω´・。)

柔和な酸味があり、硬質な舌触り
香りもほのかで繊細さが素晴らしいです
4種類で一番味わいは細いが存在感は一番でした

なかなか生は買わないわしですがこれは欲しいくらいです




さけ1690和田龍登水 山田錦(*´ε` *)

ジューシーな甘酸っぱさのある旨さ
やや濃醇ですがやはり水質が良く美麗な感覚です

山田さんならではの豊富な味わい要素も全て見えました
このシリーズはどれもスペックを裏切ることはあり得ないです
純米もそうでしたが、味わいは厚みありそして美麗です





さけ1691和田龍登水 美山錦純米吟醸酒(*^ー゜)

香りが強めも華やかすぎず
味わいはこくも深いフレッシュ生酒ならではの濃い旨さが、厚みありながら柔和な酸味にしっかりフィット
後味にはじんわり渋い辛さ

これは素晴らしいです
ワンランク上という感じは受けます
しかしわしらひとごこちが今回のお立ち台でした


お次は駒ケ根市は酒造株式会社長生社様ヾ(。・ω・。)
ちょうど人がいないタイミング柔和な蔵の方に教わりながら楽しめました


さけ1692信濃鶴 純米無濾過生原酒o(*`・ω・´*)ノ

生酒らしいフレッシュフルーテー
繊細な甘さがあり、水質も良いきれいで軽めの生
舌触りがあまりになめらかで美しく存在感が高く爽快です
この感触だけでも味わう価値は高すぎるでしょう

複雑さはないポップさは誰にでも好まれやすいかと思われます
生き生きとしたエネルギッシュなラベルも新鮮さがわかりやすくて良いですね



さけ1693信濃鶴100年記念特選ブレンド(*^∇^*)

こちらは
ブレンドしての発売で限定版ということです

非常に口当たりが爽やか
美麗さが半端ないが良いフレッシュ旨さは確実に感じられます
うまみは↑よりはっきりです
しかも価格もお手頃
もうちょっと払わせて欲しいくらいに素晴らしいです




お次は伊那市の漆戸醸造株式会社様(*`・ω・)ゞ
こちらもたまたま空いていたんでじっくりと教わりました


さけ1694井乃頭 純米無濾過搾りたて生(ひとごこち)(*´▽`*)

非常に搾りたての生酒ですが舌触りは比較的穏やか
穀物的こく深い旨さがかなり芳醇ながら変に強すぎずじわじわ出てくる

無濾過ですが非常に柔和でもありますし、飲み疲れしないので長時間噛み締めていただきたいです
フレッシュとまでいかないのが味わいの傾向に合う感じがします




さけ1695井乃頭 純米m9っ´・ω・`)

鮮烈な口当たりから甘旨さ
こく深く味わいの密度は高くも美麗
こりゃすごいですね
無駄もスキもない完璧さがすさまじい
欠点はただひとつ、そこらで買えんこと
ってのはいろいろな日本酒に言えることですが

絶妙なバランス感覚の世界を味わうと言える物件です
やはり日本酒は芸術品だったのです…
非常に今季初ドーム
しかしごみ以下の試合だったのでほぼM氏(ロッテの捕手でさっと思い浮かぶのが椎木という変態)としゃべってばかり
久々に娘同伴でしたがいつのまにやら高校行っててふたまわりくらいでかなってて誰やあんたて感覚でした

しかしまあこんだけ打線死んでて5割ちうのは良いのか悪いのか
でも山本由伸君あたりに完全試合されかねないすよね

まあただ券二枚もろたからまだ良かった
いや、ファンクラブはただ券目当てやから実質はろとるか
どっちや


さらに二日目も悲惨だった
タイムリー欠乏症で死亡寸前
寝ようか思ったくらあお
榊原君の謎の不運にかけるしかなかった
あとは駿太君の謎のミスにかけたというかやっぱり出た
ほんま駿太くんはわしらの話では毎回出るくらいの人気です








やっと一本出たら勢いか王君の記念すべき1号が見れた
まあそれだけで良しとしよう
あとは吉田君シフトが見れたが四球で意味なし

明日は神戸で行けんがまあ相手が悪いしええか
つか、むしろマイナス×マイナスで案外打てるかも知れない




もうすぐ見納めか
カンポスよりマシとか先発トーマスよりマシとかいろいろ言うててカンポスじゃなくてポンカスってのをわし忘れてて
M氏はなんでもよう覚えてるなと思った
でも、ハムの歴代サードの話で片岡氏を忘れてたというやはり変態なのである
(; ・`ω・´)先週日曜は大阪城行った
いわゆるライトアップ
わしが今までスルーしてたジャンルです

つか、桜ってのは人多いんで避けてた
今年はどっこも行かずなんでまあ近いしちゅーことでもありいった(*´ω`*)




夜になると城がいつもと違う感じにo(TヘTo)
というのはうそで水面です






派手なディスコ風光線です(つд;*)
シスター・スレッジが頭に流れる
最近ソウル、ファンク、ディスコなどのベストを製作中で曲全部聴きながら仕分け中
この辺ちょうど整理してる段階です









どぎついです
でも、結構楽しかったです
なんやかんやで3時間くらいおったかも・゜・(PД`q。)・゜・








最後は和風で締めたい
我日本人也(´・ω・`; )









そして木曜は第5回タカシマヤ日本酒祭(。>д<)
はやめに行って試合間に合うよう考えたつもりが結局長居
ほぼしゃべりだったのと知ってる酒蔵様が大半だったのであまり試飲はせず

まずは〆張鶴の宮尾酒造株式会社様(´・ω・`)
新潟は村上市の著名酒造様ですね
知らん商品ばかりでした
いい具合の訛りに話が楽しかったです

さけ1683〆張鶴 吟撰(o´ з`o)

吟醸とありますが50精米
香りはおだやかで、旨さが結構あります
コクもしっかりあって淡麗ななかに味わいの要素はどれも輪郭を崩さないです

おそらくこれ一本で一生過ごせるほど素晴らしい作品だと思われます
普段飲みに適した部分もあるんですがお値段はさすがにスペック上あまり下げられない
贅沢との境目と言ったところでしょうか


さけ1684〆張鶴 純米吟醸 山田錦(o^∇^o)

これまた味わい豊かな50精米
磨いてある分の繊細さもありながらな、な、な、なんと旨さやこくは一切逃がしませ~ん

酸味もおそらく十分でそれが引き締めにつながっています
すべての味わい要素がお互い絡み合うチームワーク
〆った味わいと言えるでしょうか
昔飲んだ本醸造の月に衝撃を受けましたが、やはり純米はもっとヤバかった



純がぬる燗向けな感じの旨さがあったので購入(>人<;)
最近五百万石に凝ってるのもあり、ちょうどがっちりはまった感じでした
即決すぎてそのあといただいた〆張鶴 雪を忘れるほど



お次は春心の西出酒造様Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
小松は行く予定なんで色々聞いた
ほなら今江温泉知ってはってやはり著名なんか思った


さけ1685春心 純米酒 生もと造り(・ε・ )

いかにもわし系です
乳酸的味わいのこく旨、そして香ばしさ
柔和な酒質でこのストーリー
この酒造様はやばい・・と思いました

しかしあえてこれではなく別のものを購入(*`・ω・´*)
というのも最近ワンパになってるのと、ちょっと違うところの良さのある物件があったから
そうでなければ即買いでした
てか、たんすに寝かせたいかもです


ほかの客が来たので話はそこそこに他へ(。・`ω´・。)
帰り際に本醸造を購入しました
また酒造に行くかもなので惜しくない


日本酒応援団ブースへ(*^∇^*)ノ
話したかなりマニアックなおねえさんで、タンス熟成の話題まで
鴨方というのがおすすめということでいただいたが確かに旨かった
しかしやや高価でした
味わいは良かったのですが・・


剣菱酒造株式会社様でオリジナルおちょこを購入(*´ε` *)
ほんであとで通りかかったら去年灘の生一本買うたことを思い出したと
あまりに驚きですがたまにあるんよね
しかもかなり気に入った酒の時にそういうことがある
やはり反応が違うとかなんすかね
岐阜の地酒に酔うの時の若葉もそうやしな





お次は白鷺の城の田中酒造場様(  ・`ω・´)
ここでかなり話した
選挙のこととかまで幅広く
一時間くらいはいったかも
てかイベント来てる客はみんな詳しいと喜んではった
確かにベテラン多数な印象
フェスぽいのは若いモンが多数ですが
あとひねポンという料理をおそわった
姫路行ったら普通に食べられるらしいんでまた行きたい

まずは庭酒を試飲(。・ω・。)
かなり軽快になった感じ
試行錯誤してるらしく味わいは結構変化あるかも

さけ1686戦国のアルカディア 白鷺の城 純米大吟醸 軍師官兵衛 松本零士ヴァージョン( o´ェ`o)

松本零士氏が47都道府県から戦国のアルカディア・名将銘酒47撰というのを監修したという
非常に旨さの厚みがある純大
そして爽やかさも感じながら溶けていくような味わい
ジャケ買いしても全く損しない物件です

なんせ松本氏企画の兵庫県代表酒造様です
激戦区で最強の酒ですから当然の実力です




さけ1687名刀正宗 天秤搾り(*´▽`*)

生ですが非常に柔らかくスマート
新鮮な旨さがあり、そして清澄なのどごし
芯はしっかりも流れるようです

生は比較的買わないほうですが、最近こういうわし向けなんがちょいちょい探せるようになりました
しかし、購入したのは稀代のほうです






非常に九州行くときに参考にしようと合資会社基山商店様へ(;´・ω・`A
詳しく教われてありがたかったです
博多から近いんで行ってみようかとも思う






フランスから参戦は昇涙酒造(Les larmes du levant)様(。-`ω-)
やはりなかなか値段設定に苦しむようで国産の数倍の価格
しかし味わいはわし好み
上方日本酒ワールドも参戦らしいんでまたいただければ
価格次第では購入したいくらいでした





白牡丹酒造株式会社様は東広島市
県内がほとんどということですが、シェアはすごいらしいです
確かにカップがどこいってもあったっすよね
カープの話題を思わず出してしまって申し訳なかった
つか、丸くんより新井さんいなくなったのが今の不振の原因ちゃうかて酒造の方は分析していた
なるほどなあ
ここで純吟生貯を購入
生酒三種類もいただきましたが、メモ忘れ
辛口のが非常に良かったのでまた購入したい



最後に菊正宗酒造株式会社様v(・ε・v)
新製品の生貯を試飲
そしたら炭酸割りという言葉を聞いて購入
たしかにいけそうに思ったんで

あとは龍力の古酒を購入して帰ってすぐ5点取られてやる気なくなりました
そして今日は長野の酒メッセで気合いが入りまくりです( ・ω・)y-~




忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 4 5 7
8 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
フリーエリア
by 株価チャート「ストチャ」
最新コメント
[09/16 ダークマン]
[08/13 NONAME]
[08/13 ダークマン]
[08/05 NONAME]
[08/04 ダークマン]
最新記事
(09/09)
(09/06)
(09/03)
(08/26)
(08/23)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
神田 凧文
性別:
男性
趣味:
音楽、野球、競馬、株式投資、ボウリング、日本酒、温泉、自転車、ウイスキー、ファミコン、旅行、観賞魚、写真
自己紹介:
たのしく
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
最新記事のフィルム