忍者ブログ
[1367] [1366] [1365] [1364] [1363] [1362] [1361] [1360] [1359] [1358] [1357]
(; ・`ω・´)今年のノルマは100勝、日本一、交流戦、ファーム全部優勝
去年の後半戦の実力を一年続けるだけでいい
今年は頭からメンバー揃っとるしな
森山君も途中からデビューして衝撃を与える予定


水森かおり氏は次は山口県との情報を得た(U´・ェ・)
中国地方多いっすね



お次は猩々の奈良県吉野町、北村酒造株式会社様(。・ω・。)ゞ
デビルサマナーでは酒飲んでる猿でしたね
非常に良い名前です
近所に八咫烏もあるというなんともメガテンな地
神聖なのでぜひ飲みましょう

吉野は来たことあるかと言われたんですが、最近全くですからね
大和上市の駅のそばらしい
酒造はあまり見られないそうで残念
山の斜面を上から作業順に作業所が連なってあるらしい
そして一番下が販売所となってるとか
大和上市とかほんまきれいやし、久々に行きたいですね


さけ1029猩々 辛口純米 ちくよう(*´・ω・`)b

主に旨口の酒に力を入れるらしい猩々
これは辛口というよりもすっと入るタイプで旨みがぐっと出るタイプです
文句なし旨いです
しかし、この酒造様、多くのラインナップも旨口なのでどれ買うてええかわからん
コメの個性もわかりやすく、ほんま好きな米で選んでいいです

ある意味表示のないこれが一番没個性というか標準
熱燗でしょう。





さけ1030猩々 純米 妙童鬼 無濾過生原酒v(・ε・v)

きぬひかり使用の物件
食米のほうが安いらしく、これも比較的安価
しっかりと酸味、うっすらと渋みのある旨口
普段きぬひかり食ってるんでひいきになるのか、または合うのか
これはわし向きであります

後鬼の別名が妙童鬼らしく、非常にメガテンです
役小角もありますが、それだけ試せず
まあ、あんなソーマ漬けのおっさんどうでも・・よくないです



さけ1031猩々 後鬼 純米大吟醸 生原酒(*^ー゜)

五百万石の純大
純大は山田さんと雄町と五百万石があります
かなり強烈な旨甘で、まさにメガテンの後鬼であり、味わいにタルカジャ連発です
ボワっとする香りも
コク苦と申し上げますか、苦みも一筋縄ではいかない何かを感じる
これは凄いですね

純大らしくなさが常軌逸しまくり
遠慮のかけらもない攻めの一手の物件です
そのわりにはしつこさはそんなにないので飲み心地は悪くないです




さけ1032猩々 前鬼 純米大吟醸 生原酒(*´▽`*)

こっちは山田君
山田らしい繊細な渋みがあり、バランスは良い
しかしその繊細ちゅーても普通の酒にしてはパワーある繊細さ。なんのこっちゃ

それにしてもどの要素も強めですね
甘口というのは純大生原でよくわかります
麹っぽい甘みで、パワフルです
アテなくてもというのも間違いありません

てか、無濾過生原酒のシリーズ。めっちゃラベルの文字かっこいいすね
今んとこきぬひかりびいきもあって妙童鬼が買う候補に強く入っている


さけ1033猩々 花ひらく(。・_・。)

この酒造様唯一のさっぱり酒
まろやかな水のような口当たり
旨みはやわらかに控えめ
味わい自体は良いです
甘口でしょう

もちろんわし方面ではないですが、人には薦めたい物件
ちょっと割高ですが、酒造ラインナップとしては大切な戦力



さけ1034猩々 純米吟醸原酒 吟のさと(`・д・´)

非常にまとまった旨みを感じる物件
旨みの質はコク甘も感じ、まったりとしたタッチ
それにしっかりとした渋いキレでバランスがいいです

インパクトがほかに比べると王道的なんでやはり目立たないが一番うまいのではないか
同じ地域の八咫烏と比較すると甘口と評されるそうですが、このくらいの甘みならしっくり来ます
場所柄アテに困る地域ということで酒のみで楽しめる旨口を造り続けるということですが、この物件はそのコンセプトにも合うかと




お次はまたおなじみ兵庫県丹波市は小鼓の西山酒造場様ヽ(*’-^*)。

今回は小鼓の店について聞くだけと思ったが、飲ませてくれた
お気に入りは但馬強力のアレていうたらサービスまで
ありがたいですね
是非店で立ち飲みしたいですね
まあ近々あの辺行くんでその時感想をば


さけ1035純米 花小鼓Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

やや辛口の口当たりの柔らかい純米
特にこれはコクが渋く感じられます。酸味も適度。
燗したら激変しそうです
これぞ純米の極みです

非常に上品な味わいでもあるので、飲み進めやすい
そして味わい深くなってくる
時間感覚も楽しめる
日本酒のあらゆる楽しみ方ができるので、こういう物件を一本持っておくのが大事です




さけ1036小鼓 純米吟醸(。・Д・。)

しっかりとした旨みが効く味わい吟醸
キりっとした酸味でうまく旨みを引き立ててくれます
これはとりあえず飲めと入れてくれたので予備知識なしでいただいたが、純米かと思うほど
華やか系とは違うタイプです

冷で料理を活かす系かと思われます
白身魚の刺身が完璧でしょう
いや、できればイカでしょうか
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
by 株価チャート「ストチャ」
最新コメント
[12/08 NONAME]
[12/06 ダークマン]
[11/14 NONAME]
[11/14 ダークマン]
[10/25 NONAME]
最新記事
(12/12)
(12/11)
(11/29)
(11/24)
(11/17)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
神田 凧文
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/03/23
趣味:
音楽、野球、競馬、株式投資、ボウリング、日本酒、温泉、自転車、ウイスキー、ファミコン、旅行、観賞魚、写真
自己紹介:
たのしく
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
最新記事のフィルム