忍者ブログ
[1187] [1186] [1185] [1184] [1183] [1182] [1181] [1180] [1179] [1178] [1177]
けいばいんちきいんちきいんちきいんちき
最初予想また当たったのにつかんから無理やりリラヴァ入れて失敗したー。
マリアラ軸やったのにぼけぼけぼけぼけ。





お次は佐賀県有田町は宗政酒造様ブースへ。
体格のいい蔵の方は普段白ワインを飲むらしい。
そこで青いボトルの不思議な物件をいただいた。




さけ649清酒 宗政 特別純米酒 ruri munemasa

日本酒度-16、酸度3.6という化け物。
いきなり目に入ったその数字に一体何奴ということですが、酒造の方も普段はこれを好んで飲まれるということで警戒なしにいただいた。

当然ながら酸味がごっつい。
酸っぱいと言えます。が、その酸に蜜が混じっているようにうまい。
甘さが酸味の刺激を穏やかに、酸味が甘みのくどさを爽やかに。お互いに助けあっていい味わいになってます。そして旨みへと引き継がれ、開幕は脇役複数名が盛り上げていいとこは主役が持って行くというストーリーは王道ヒーロー物のようです。
実験酒どころかめっちゃめちゃ完成されまくり。
蔵の方はブルーチーズをあてにして飲むそうです。
安いしこれも普通に欲しい物件。
流行るべき。


全種いただいたが、かなり個性が強いながら意外にも王道的味わいは外していない。
素晴らしいものが多かった。
ただ、↑がインパクトありすぎて他はちゃんと記憶できず。
また飲んだら書きます。



次は隣の大分県国東市萱島酒造様ブースへ
温泉県大分はまあ言うなればラストダンジョン。
目標の地と言えます。
焼酎は既に良いのは知っているが、日本酒は大分産をまず飲んだことない。
これで日本酒まで良ければ無敵と言えます。
海産物もええしな。



さけ650西の関 手造り 純米酒

西の横綱と言われる酒造様らしいですが、それはこの物件によって証明されます。
上品な口当たりに芳醇な旨み、コク、手堅い酸味がまさに広がるような味わい。
含み香もじわっと来ておっさん吐息がふう~っと。
ここんとこむっはあああああばっかりだったので安心します。
なんかわからんけど、わしが上級者になって最後にたどり着くのはこのような物件のような気はしています。
つまりこの酒はドラクエで言えばゾーマってことです。

まずは燗でいただいたんですが、その時蔵の方が手を下から上に振って「くぅ~って来るでしょ」と
ほんまその通りすぎます。思わずそうそうそうそう!と返すわし。
さすがはプロ。一言ですべてを言い表してくれます。
わしみたいにドラクエで言えばとか言いません。当たり前か。





さけ651西の関 花にごり

甘口のにごりですが、かなり爽やかで華やかさも少し感じる。
これまた良い物件です。
外見はなんかスイーツ感あるが、特異な部分はない良いものでした。

著名酒造様の風格を感じずにはいられない二本。
宗政は新進気鋭で楽しいですが、西の関は受けて立つ横綱の良さがあります。
焼酎の本場の九州ですが、日本酒シーンは他地域の手を借りずとも完結できるのかと今日だけで感じたほどです。




人が多いし、著名酒造様なのでまた飲めると思ったんで今度は違うブースへ。
山梨県南巨摩郡の萬屋醸造店様ブースへ。
酒造の方が来られず、問屋さんが来てくれていました。
米の解説もしてくれました。




さけ652春鶯囀 純米吟醸 富嶽

結構辛口の純吟
問屋の人はかなり客の反応を気にする甲高い声の方でした。
辛口ですね。と言うと、問屋の人はこれは飲んだことないらしく、スペック確認してそうですねーと。
不思議なやりとりでした。

かなり渋めの美酒で、スマートでキリリ。
燗が気になるところ・・。
山梨県は初めてでしたが、富士山のあるところなんで水は良い感じだと思います。




さけ653春鴬囀 大吟醸「春鴬囀のかもさるゝ蔵」

与謝野晶子氏直筆ラベルとな。
そういえばこの春なんとかかんとか。
帰って調べるとしゅんのうてんっちゅーねんね。
口へんに車に専みたいな字は訓はさえずると読むらしいです。

名前どおりあまり個性すぎない良酒です。
とにかくやはり水のまろさを感じました。
そしてまた調べたところ、この酒造様のある場所は水が良く、かつては酒造だらけだったそうです。
口に含んで飲み下すまで、インパクトはないうちにいつのまにか味わいを広げてくれる。
そういうのはいい場所でしか造れないのでしょうか・・・




他にも純米があったりしたが、こちらにも出ているということであれば買いたい。
こういう日本酒はちゃんと味わえるように修行です。




この辺で少し回ってきて記憶が微妙。
なんせこの会。みんなめっちゃ量注いでくれんねん。
ありがたいが大量にフルスピードは危険すぎました。



また北海道。旭川市は男山株式会社様。
相当来てるおじいちゃんがいて、同じこと三回話してました。
わしも来てましたが、あまりテンション変わらんねな。
でも、どこで言われたか忘れたが、「兄ちゃん飲みすぎだよー」と言われたんで顔色はええ感じになってたはず。



さけ654男山 復古酒

江戸時代の造り方を復活させたという物件。
昔の日本酒そのままということです。
飲んでみるととんでもない甘さ。予備知識ないと梅酒テイストでこれが純米酒とは思えない。

日本酒度-50という化け物であり、とろみもあるのでぐっと来ます。
炭酸割りもいけるかも。
ワインや梅酒っぽいのは他にもありますが、これは何かコクが濃い感じでした。




これ以降ちゃんと記憶が自信ないので書けない。
山猿、宮の雪あたり気に入ったのにきっちり記憶できてないということはやばいので慎重を期してこれ以降覚えてはいるものもあるんやけどやめときます。


普段の倍以上ついでくれるからほんまある意味困った。
吐けばええねんけどうまいとつい飲んでまう。
今回は調子乗ってカザーブ行ったけどぐんたいがにに攻撃通らず逃げてキラービーにマヒさせられて全滅っちゅー感じやね。
今月は儲かったから正月用張りこんでレベルあげよう。なんとかカザーブの強敵を倒せるようになって来年の目標はアッサラームのゴリラを倒し、イシスでは真のラスボスといわれるじごくのはさみに勝って、真のロトの剣たるはがねのつるぎを手に入れて、ドラクエ3の本編クリア。その後はドラクエ3惰性編をクリアするために修行がはじまる。
最近は試飲会増えてるのでほんまええことです。
PR

コメント
無題
男山復古酒飲んでみたいな。極端なのが面白そう。
さかしたは素通りしまくってたけど他に近所やったらやまとしずくというあんまり出回ってない酒が買える小林酒店ていう店が春日出商店街にある。
【2015/11/19 01:08】 NAME[門本(仮)] WEBLINK[] EDIT[]
無題
SAKEBOXはあまり大きいとこちゃうな。
でも、わしの好きなのは多いな。
まあ、品揃えと自分の好みからいい店を探すのがええわさ。常連化するとトクもある。

極端なのが最近多くてどれも良かったりするからオススメ
男山なら大手やし百貨店にもあるかも
あと、変わった酵母のやつとかも面白い。
最近は酵母で色々仕掛けるところが多いようやし。

小林ってのはサイトないみたいやな。
やまとしずくはあのラベルが


δ
ってやつやな。
なんか妖しそうでええやないか
そっちの商店街は知らんけどいってみようか。
【2015/11/19 22:41】 NAME[NONAME] WEBLINK[] EDIT[]
無題
やまとしずくしってるんか。あんまり出回ってないと思うけど。
【2015/11/22 22:30】 NAME[門本(仮)] WEBLINK[] EDIT[]
無題
名前しか知らんで。
銘柄については色々勉強はしちょる
飲んだことなけりゃ意味ないんやけどな。
【2015/11/23 00:15】 NAME[NONAME] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
6 7 8 9 10
11 13 14 15 17
19 20 21 22 23 24
25 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
by 株価チャート「ストチャ」
最新コメント
[06/04 NONAME]
[06/03 ダークマン]
[05/12 NONAME]
[05/11 門本仮]
[05/10 NONAME]
最新記事
(06/26)
(06/18)
(06/16)
(06/12)
(06/05)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
神田 凧文
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/03/23
趣味:
音楽、野球、競馬、株式投資、ボウリング、日本酒、温泉、自転車、ウイスキー、ファミコン、旅行、観賞魚、写真
自己紹介:
たのしく
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
最新記事のフィルム