忍者ブログ
[989] [988] [987] [986] [985] [984] [983] [982] [981] [980] [979]
今日はいよいよ島根入り。
かなり計算された予定をこなせるか。まあ無理やろけど。

まずはいきなり冷や汗でした。
ネカフェは富士見町駅の近くなんですが、前日別の駅で降りてしもて富士見町の位置を知らなかった。
まさかまさか。
富士見町駅は隠れていやがったのです。
立体交差の下より少し出たところに小さい無人駅。わかるかこんなもん。
しかもその近くはビルがいっぱいで通りからはまったく見えない。
で、ここ境線の駅はどれも妖怪の名前があだ名でつけられててざしきわらし駅というらしい。
見えへんってか。なめとんか。


タッチの差で間に合ってなんとか乗れた。
そういやこの辺の電車はどれもトイレ付。そうか、駅にないからやねんな・・・

米子鬼太郎空港が見えたが農協の建物かと思った。
飛行機おらんかったら空港思えへんがな。

伯州錦という木綿を作ってる畑もあった。
これを一反木綿とからめて売り出し中らしい。
境港はほぼ鬼太郎で売り出しているようだ。
まあ、境港の有名なものではダントツでやろうしな。


境港に着くとほぼ無人。
多少の観光客だけしかいない。ちょっと時間早すぎた。
どこもかしこも閉まってる。玄関だけ開いてた案内所で休んだ。

今日はま、美保関というところに青の石畳通りというのがあるそうで、ここは雨だと石畳が青く見えるとのことで、雨なら行こうと思った。
ちょうど天気予報は雨やし。
いい具合のどんよりで、境港から見える島根半島の空は今にも雨降らしたろかと抜かしてるようであった
ちょうどわし晴れ男パワーは少し衰えを感じてるとこ。
去年の豊田でも世界最強雨男の桑っちょがおったせいか小雨降ったし。

で、バス来たんで運転手に港まで行くか聞いたら市場に行けるということで乗った。
そこで干物三点セットと岩牡蠣購入。ほんで戦利品と一緒に発送した。

おもろいおばちゃんで色々話した。
ほんで東郷温泉の袋を見て珍しがってた。やっぱりあっこはハードな温泉なんやなあと思った。


境港まで歩きでいけそうやったんで歩いた。
海沿いええねえ。
島根半島が見える。この辺の海や湖はどこも水平線が見えない。
四方八方に海や湖があるのに。
この珍しさに酔う。

酔ってたらいつの間にか鬼太郎ロードに入ってた。
ちょうど9時過ぎになってて店も開いてた。
予定なかったけど通るだけ通ろうと思ったが案外面白い。
おもわずカランコロンの歌を歌ってしまうほどでした。



ほんで露店が出てて鳥取B級グルメの牛骨ラーメンをやってた。
琴浦で食べられんかった分を取り戻せるうれしさから飛びついた。
まあ、ラーメンうまいとこって見た目じゃまったくわからんからね。

ほならちゃんとうまかった。
案外あっさりしていた。
これはうまいな。
わしにはかなり合う。

で、家族連れも多く、ガキが鬼太郎で喜んでた。
今テレビでやってないんちゃうん。
作者90歳超えてんのに今なおこの影響力はすごすぎです。
こりゃ観光は全て鬼太郎任せになるわさ。

で、千代むすび酒造様が鬼太郎ロードのはしっこにあった。
こんなとこにあったんや・・・
もちろん試飲もあった。
強力の新酒を売り出していて、売り上げもトップらしい。

さけ283、4千代むすび新酒 純米吟醸 強力50、千代むすび 純米強力60

わしん家の近くに特約店があってよく飲むとちゃんと伝えてから試飲した物件いいお話も聞けて最高でした。

いろは鶴を飲んだばかりの強力。
非常に個性豊かな物件だったので、ある意味強力の実力がわからなかった。
ということで正統派のこちら・・

純米吟醸は美麗で強力のなめらかなアタック。そして爽やかすぎる味わい。。

引け方はやや短時間ながらふわりと。
これはやばいです。
悪い要素0%と言えます。
ピチピチした若いフレッシュさにちゃんと深みを備えた物件。








純米はもちろんフレッシュさではおとなしめ。
コクはわかりやすくも新酒だけに軽快
普段こなき純米に触れているとなめらかながらのしかかってくるようなうまみ、甘みは感じなかった。
むしろキレの良さとうまみの美しさから爽快感があるっすね。新酒というだけじゃなく、米の違いはやっぱあるんかな。
色々試すとやっぱり違いってのはわしでもわかるもんなんやなあ。

で、みやげもの用に出てると思われるカップの純吟(鬼太郎柄)と梅酒(猫娘柄)のカップルセット購入。
ピンクの箱でわしには徹底して似合わない物件。


境港駅に戻って展望風呂へ。
セントレアでも入ったが、湯には特に期待してはいけない。
たぶん水道水。
景色が目当てやけど、あまり窓を大きくしてないので残念。
まあ、駅前やから当然やろうけど島根半島の景色がもったいないと思う。


風呂出たらレンタサイクルがあったので、これで大根島に行けるか聞いたら行けると言われた。
もうすでに当初の予定は無視してました。というか頭になかったです。
ほんま終わってるなわし。

ほんでガキが観光案内のテレビ画面をタッチしてた。
そうか・・ガキ世代からしたら画面は触るものなんやな・・・。
ジェネレーションギャップすぎやわ。
わしも若いと思われるために画面見たらいちいち触ろう。


まあそれはそれで色々地図もらって出発。島根半島に橋で渡って西へ。
江島に渡ってさらに大根島というプランです。







まずは境水道大橋。
港から見たこのボスその1であります。
かなり狭い橋で危険な上2、300mにわたって急勾配。
これはびびる。
景色楽しむ余裕はなかった。







しかし高いところから写真撮ってみた。
ええの。






ポプラで守山乳業の厳選珈琲購入。
ネカフェでコーヒー飲んでたがまずすぎて欲求不満やったんで。






海沿いをチャリで走るのは最高です。
思わず口ずさむ。
地名が森山だったので「ここは森山~」と夜明けのブルースの替え歌を作った。
非公開。

あと、なぜかオックスのスワンの涙を五木氏風に歌った。
機嫌よすぎなわしであった。


今度は低い橋を渡って江島。
チャリで5分で抜けられそうな小島ながら生活環境は整っていた。
ファミマもありました。
てか、渋滞すごい。
昨日までわし一人の世界で浸れてただけにうざすぎ。
デスノート。

で、すぐまた橋。今度は大根島
観光資源は牡丹らしいが、わしは海、つうか湖が目当て。
東の端を通って気持ちよかったです。






やっぱり不思議な水平線のない世界。
ほんまここ周囲をチャリで回りたいね。
2、3日かけて。でも宿をしっかり予約せんと無理やの。








そして中海の水はかなり濃い汽水。
触ったら少し潮っぽい
海の魚もおるくらいらしいが・・・こっからじゃ何もわからんか・・。







神社・・誰も来ない。







弁天島
ここは夕日スポットらしい。







岩が独特の火山っぽいやつで面白い。
潮溜まりに生き物がおらんのが無念。







しかしこんなユニークな人が作ったようなのもあるので良い。









大根島溶岩隧道幽鬼洞
普段は閉鎖のようです。無念。







最後は江島に戻って江島大橋
これが島根で売り出し中物件らしい。
ベタ踏み坂言うねんね。
アクセルベタ踏みじゃないと登れんのかな。






チャリのわしはベタどころかこぎまくり。
いやでもここから見える景色は最強。
ここはチャリで来ましょう。車じゃあかん。
景色はいいので展望台としても売り出せばいいのにと思う。






くだりは気持ちよく。
しっかしここも人多いわ。デスノ。


チャリを返して次は松江へ。
でも、江島大橋の大渋滞でバス遅延。
チャリ返してから松江着いたのが3時間ほど経ってた
大きなロスすぎた・・・
そういやあレンタサイクル屋のねえちゃんが江島大橋は大渋滞ですが、自転車なら快適ですよ、てゆうてた。
自分の目でも確かめた。
で、なんでわしはこれを予測できんかったのん?

牡丹園てのも人気あるねんなあ。
すごい人やったわ。
こんな人多いと思わんかった。なめてた。

松江しんじ湖温泉駅から雲州平田へ一畑電車で。
この電車高額すぎや。
松江-出雲で1000円近いってなんやねん。

でも車窓の風景はいいから許す。
あと、一畑口駅が少々変わってて、こっから電車の向きが逆になる。
スイッチバック言うねんてね。
風景も湖沿いと山沿いを交代で楽しめる。
よう考えたな。凄い。


で、ひらたメープルホテルへ。
温泉・・・と思ったら宿泊者限定やと。
ええええ。
何もすることない。

仕方ないので木綿街道というのに行った
ここに来て歴史建造物を見ないのは失敬やろ!と自分を慰めた





木綿街道は限りなくショボいです。
裏から見た川沿いだけいいかと思ったくらいです。
これは来た人が怒るレベル。
しかしわしはそんな場所が大好きなのと・・・
なんと酒屋発見。



そこはヤマサン正宗の酒持田本店様だったのです。酒林とかかかってるの気づかんかったわ。

で、ここでしか買えないものをおくれと奥様に尋ねると「からくち弁慶」というのがネットでは出せないとのこと。
弁慶という名前を使ってる蔵が多く、商標の問題があるらしい。
すごい裏事情を聞くのも旅の楽しさです。
いやいや、雲州平田で歴史的大失敗を犯すところが大成功です。
これからはヤマサン正宗様をひいきします。



話によれば大阪からの客がめっちゃ多かったらしい。
確かに道中で大阪弁がいっぱい飛び交ってた。
やはりみんな近場狙いなんやな。
飛び石連休だけに。


そして出雲へ。
出雲といえば出雲そば。
駅から数分であるとのことで行った。

いわゆる割子そば。
三色そばを頼んだ。
薬味を混ぜるとのことで、あまり薬味使わんわしとしては興味。
食ってみるとそばの味わいがすごい。
そしてコシもある。
すばらしい。
あと、なんといっても薬味の絶妙さに惹かれたっすね。

酒も頼んだけど、地酒て書いてたから島根のんと思いきや鷹正宗やと
しかも多分普通酒。
白鶴のベタ甘をちょっと控えた物件って感じです・・・・・
ちょっとこの店。ええ店やけど酒は選べ・・・
PR

コメント
無題
ええ旅してますなあ。
相変わらず、おっちゃんホイホイ炸裂やね。
水の写真がまた綺麗じゃ。
人面魚だらけですやん。
       
旅はやっぱ行き当たりばったりがええわ。
予定外のすばらしい景色に出会うのが最高
やねん。
で、そんなとこでまた予定外の観光客が出て
来たりするから、デスノ使いたくなるわな。
     
水道大橋勾配すごいの。
景色が最高やなホンマ、おいもまたデジカメ
買っちゃおかな。
【2014/05/08 00:25】 NAME[ダークマン] WEBLINK[] EDIT[]
無題
ええ旅と言うてくれるんはたぶんチミだけです。
とにかくわしは水。
水見たら狂喜乱舞するタチ
ちょうど競馬やってて結果ここで見て惜しくも負けてんけど、いっこも気にならんかったほど。
天の真名井最強やわ。
この日20kmは歩いたけどいっこも疲れへんわ。

予定外のおもろいものがあったときのほうが予定どおりにあるより感動はあるのはあるね。
あと、今は情報過多の時代で、有名なものはすでにおなかいっぱいになってるのもある

橋はしんどいけどええで。
ここは2つの島があるので橋が5つくらいある。
そのうち2つが巨大な急勾配橋やねんな。

デジカメは今すごいのいっぱい出てる。
超望遠で3万とか一眼より機能だけで言えば優れたものもいっぱいあるわ。
【2014/05/08 22:05】 NAME[(´・ω・`)] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
6 7 8 9 10
11 13 14 15 17
19 20 21 22 23 24
25 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
by 株価チャート「ストチャ」
最新コメント
[06/04 NONAME]
[06/03 ダークマン]
[05/12 NONAME]
[05/11 門本仮]
[05/10 NONAME]
最新記事
(06/26)
(06/18)
(06/16)
(06/12)
(06/05)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
神田 凧文
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/03/23
趣味:
音楽、野球、競馬、株式投資、ボウリング、日本酒、温泉、自転車、ウイスキー、ファミコン、旅行、観賞魚、写真
自己紹介:
たのしく
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
最新記事のフィルム