忍者ブログ
[660] [659] [658] [657] [656] [655] [654] [653] [652] [651] [650]

けいば。
秋天は無茶ペースにて死。
JBCクラシックは取った・・さすが穴党のわしでも三連単250円買おたがな。
わしの隣の機械で47万突っ込んでるおっさんおった。
確かに銀行レースとは言え凄いな。

 

かぶ

川重結局買った翌日寄り利食い。
あかんね。やっぱり弱い。
いつになったら仕込んで一気に取れるのか。
住友重機械に注目しております。チャンスあったらデイで取りたい。

 

 

GRADIUS V オリジナルサウンドトラック

41k9GfujxTL__SL500_AA300_.jpg最近のシューティングの要素を取り入れた新しいグラディウス。
ゲームは傑作。
しかしサウンドはいまひとつであった。
初期が良すぎたから比較してしまうのがあるけど。

画面の雰囲気に合わせてトランスということ。
しかし、あまり個人的には好きでないジャンル。
残念さはある。
でも印象に残らんということはトランスファンから見てもあまりよろしくないのでは。

そして動画サイトで見た255周目というプレイ動画。
あれアホやろ。どっかいかれてるとしか思えんわ。
見ててもわけわからんくらいや。

 

 

Thelonious Monk / Misterioso

51DDuBD3joL__SL500_AA300_.jpgジャズといえばモンク氏。
最初は???という感じでしょうが、ジャズをしばらく聴くとやっぱり最強はモンク氏やなあと思った。

ライヴらしい雰囲気がものすごく出ている。
音が低い天井にに反射している感がある。
どんな汚い家で聴いててもこれをかければそこはもう既にファイブ・スポット。
サウンドって大事やなあと思いました。

アマゾンに画像盗みに行って見たレビューにジョニー・グリフィン氏のほうが目立ちすぎと書いていたがそのとおりだと思う。
ソロで爆発的に暴れてくれます。
モンク氏のピアノと、会場の雰囲気がマッチしてるのもポイントでしょう。

 

 

ベトナムの民族楽器

51OKhF3ACOL__SL500_AA300_.jpg中国がルーツということで、同じようなタイプのものが多いベトナム音楽。
中国ほど派手ではないのが個人的に聴きやすく、音に繊細さも含まれ日本人ウケしそうだと思います。
やはり中国より民族性が穏やかだと言うことでしょうか。

ダンサブル?な音楽も多く、聴いていて気分は高揚します。
もちろんメロディも優れものばかり。東南アジアの民族音楽はやはり楽しい。
西洋の音楽家が理屈に行き詰ったらよくアジアの音楽を参考にしてきた歴史もあります。
感覚派のアジア。
今こそ見直されて良いかと。

 
PR

コメント
無題
グラディウスは、そんなに難易度高くは
なかったかな。
スペランカーとか、二十周とかいった記憶が
ある。
   
異常に難しかったのが、ドルアーガとアトラン
ティスの謎。
アトランティスの最終面とか、こんなもん
クリアできるかと思いましたな。
【2011/11/08 23:53】 NAME[安居九兵衛] WEBLINK[] EDIT[]
無題
ドルアーガもアホやね。
宝出てもなんで出たか気づかんし。
あれ生身でクリアした人おるんか。

グラディウス5は面白いすよ。
頭つかわなクリアでけん。
255周目動画はあれは普通とちゃうんであっこまでアホ難しいわけちゃうっすけどね。
【2011/11/09 01:16】 NAME[NONAME] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 7 8
10 11 12 13 14 15
16 17 19 20 21 22
23 25 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
by 株価チャート「ストチャ」
最新コメント
[07/26 NONAME]
[07/24 門本仮]
[07/23 NONAME]
[07/21 ダークマン]
[06/04 NONAME]
最新記事
(07/26)
(07/24)
(07/18)
(07/09)
(07/06)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
神田 凧文
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/03/23
趣味:
音楽、野球、競馬、株式投資、ボウリング、日本酒、温泉、自転車、ウイスキー、ファミコン、旅行、観賞魚、写真
自己紹介:
たのしく
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
最新記事のフィルム