忍者ブログ
[561] [560] [559] [558] [557] [556] [555] [554] [553] [552] [551]
やっぱりナフコやでーー。買ってすぐ騰がるかえー。
昨日買って今日から様子見て買い足そうと思ってんけどな。
ある意味損かな。
しかし相性異常にええ銘柄やなあ・・。負けたことないのは当然として、含み損になった瞬間すらほとんどないわ。
ナフコ近所にできたらニトリ不買運動でもして協力したろ。
ここんとこセイクレとかDeNAとか旭テックで失敗してた分あっさり取り戻せそうや。



あと、昨日紹介した北炭生氏。
母に今日取材していろいろ聞いたので追記。
音楽の話をよく母とするんすけど、よく母が親父のことを言うときにこの曲を歌うのだ。
親父の異常なお気に入りということと、母がこういう暗い歌大嫌いなのでけちょんけちょんに言う材料として・・。
またわしの親父暗かってんわ。これが。
まあ、わしは性格は母から受け継いだので良かったわ。

んで、このレコード。
沖縄フォーク村というCDで初めて知った北炭生氏に興味を持って手に入れたわけです。
それで聴いたら、ああ!あの曲って。
こういう出会いってすっごいうれしいっすよね。

今ならネット販売やヤフオクで簡単に手に入りますが、当時はなかなか大変でありマイナーな商店街まで探しに行ったけどなかったという。
ヤフオクのことではよく母は驚くんすけど、この曲をまた聴いたときは嫌いながらも懐かしさから喜んでいましたな。
ネット万歳ですよ。ほんま。


今日は女性ヴォーカルなフォークソング。





上品チエ / マリアのような微笑で
marianoyouna.jpg
素晴らしい美声。
この時代この手の歌手は沢山いましたが、最上級の声だと思うんすけどね。
曲のほうも静から動への展開でわかりやすく飽きの来ないポップさがあります。

名前は本名なんすかね。
うえしなと読むらしいですが、上品な声の歌手なのでピッタリ。
でも、その妙な苗字はやっぱり売れるとは思えないっすよね。




モダン・フォーク・フェローズ / 朝焼けの中に
21674397.jpg
若者の青春系。
って勝手にジャンルにしちゃいましたが・・。
この時代多すぎてはいて捨てるほどあったようです。
でも、今われわれが聴いてかなり新鮮さは感じるんですよね。
だからどんどん探してしまう・・。

今の時代は醒めた時代だと思います。
社会の閉塞感、将来に対する不安感から、醒めていないと耐えられない・・
そんな時代だと思います。
歌のほうもあまり当たり障りなく、平坦に歌うのが流行りですよね。
こういうのはだからなお新鮮にうつります。




風車 / 旅路
img_1506794_53773865_0.jpg
はかなげで透明感のある不思議なメロディと美声。
素晴らしい曲だと思うんすけど大して有名じゃないようで。
もったいない話。

氷紋というドラマの主題歌になったらしく、ジャケに見えるような光と雪の景色を想像できそうな雰囲気。
こういう景色を体験してみたいと思うんすけど、なかなか時間がなくて。
北海道の果てに行く時は是非BGMとして持って行きたいですわ。



万里村れいとタイムセラーズ / 今日も夢みる
marimura.jpg
60年代後半。こういった唱歌みたいなフォークソングがありました。
トワ・エ・モワとかね。

そんな中でこの曲もかなり目だって良いほうだと思います。
フォーク全集みたいなのでもよく取り上げられているんで間違いないかと・・
ただ、あんま特徴がないってのもあり、特別ヒットとはいかんようです。
しかし、間違いなく名曲!

それにしてもキャッチコピー?もたまらんね。この時代。
まあ、この時代では普通やったんやろけど。
「若い人の唄!カレッジ・ポップス!」
ダサいとかかっこ悪いとかそういう範疇じゃない、何か違う世界のものを感じます!



五輪真弓 / 少女
123962503908616110984_0517.jpg
恋人よがヒットして暗いの代名詞だと思っていたわしです。
あの容姿もあるし・・・。

で、後追い(生まれてないんで当たり前ですが)でこの曲聴いてビックリ。
なんという希望を感じる芯の強い歌なんだろうかと。
激情を抑えきれない感じの歌と演奏に圧倒されました。

いや、しかしこのジャケはあかんで。
暗いようにしか見えんでしょう・・。




さけ39エギュベル・ジン
img10502529305.jpg
ラベルに見えるとおり、エギュベル修道院というところでつくられているというジン。
ジンというと刺激的なものですが、これはかなりマイルド。
甘みもわかりやすい。

飲みやすさが抜群なので、はじめての人に良いと思う。
ジンの爽やかさは損なわれていないので、ジンが嫌いな人にも良さを理解して欲しいっすね。
PR

コメント
無題
来ましたねフォーク特集。
わしの知らん顔も結構あって面白かったっす。
   
北炭生氏は知らんかったなあ。
ユーチューブで見たんですが、こういう暗め
なのは好きですな~。
なんかどことなく、河島英五を感じさせる。
生きていようよねという曲、4番で加川良氏の
伝道の詞をまんま使ってますな。
   
内田あかりも良い歌い手さんやね。
   
俊ちゃんもっとテレビ出てほしい。
【2010/12/16 00:36】 NAME[安いマン] WEBLINK[] EDIT[]
無題
熱心なファンとか当時知ってる人しか知らんようなんもありますから・・。
オークションで知名度を勝手に計るんですが、あっても高額、そもそもないとかいうのもかなり混じっております。
スサノオは偶然安く買えたっすけどね。

同じ歌詞っつーのは計算ずくなんでしょうか?アングラな人同士やとやりますよねえ??北炭氏も沖縄フォーク村やし案外?

田原氏はやはりすごいです。
レッツゴーヤングの再放送見ても飛びぬけすぎてます。松田聖子氏と双璧ですわ。
【2010/12/16 21:45】 NAME[NONAME] WEBLINK[] EDIT[]
無題
上品チエは、私の母方のいとこです。かなり年上だったので歌手だった事も後になって知ったのですが、たまにテレビに出ると親戚から電話連絡が来てみんなでテレビを見たのを思い出します。ちなみに上品はお坊さんの位なんだそうです。
【2018/10/24 09:57】 NAME[ゆび] WEBLINK[] EDIT[]
無題
貴重なコメントありがとうございます
なかなか親族のリアルな声というのは情報の多い現代でも見られないのでありがたいです
おそらく自分の親戚に歌手がいたら同じことするなと思わせてくれます。

名前はやっぱりちょっと違う出の方だと思いましたがやはりそうですね
もっととっつきやすい名前ならもっと売れたかと勝手に思ってしまうほど良い歌手だと思います。

こんな辺境ブログにわざわざ書き込んでいただいて感謝します!
【2018/10/25 01:20】 NAME[NONAME] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 7 8
9 10 12 13 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
by 株価チャート「ストチャ」
最新コメント
[10/25 NONAME]
[10/24 ゆび]
[09/20 NONAME]
[09/18 ダークマン]
[08/27 NONAME]
最新記事
(12/14)
(12/11)
(12/06)
(11/27)
(11/25)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
神田 凧文
性別:
男性
趣味:
音楽、野球、競馬、株式投資、ボウリング、日本酒、温泉、自転車、ウイスキー、ファミコン、旅行、観賞魚、写真
自己紹介:
たのしく
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
最新記事のフィルム