忍者ブログ
[1222] [1221] [1220] [1219] [1218] [1217] [1216] [1215] [1214] [1213] [1212]
けいば。二日連続のいんちきである(; ・`ω・´)
なんでボックスで買うたとたんに1、2着ドンピやねん。
3着馬どっちもおさえれたぞ。
これは完全にJRAに監視されてると思う。
わしが勝ったら配当高すぎて夜逃げせんとあけへんからのd(゜ε゜;)


もくはちv(・ε・v)
市川昭介作品スペシャル。
畠山みどり氏はいまだパワフルっすね。80近いんちゃうかったっけ。この時代の歌手は怪物揃いです。
そして神野美伽氏の男船。これぞという感じのプロフェッショナルなステージでした。
大川栄策氏はさざんかの宿。
かつての流麗な歌唱とは少し違う。重みと深みにさらにこだわったところに年輪を感じます。

青木光一氏が90歳にしてまだまだ元気すぎ。
声の良さは全く失われていない。
史上最年長歌手を目指して頑張って欲しいっすね(/ω・\)

新曲ラッシュもいまいちパっとしない
歌詞とメロが全然噛み合ってない。ほんまに作ってるんプロか?
そんなんやから香西かおり氏がいつもいつも無縁坂しか歌えへんねん。
吉幾三氏でもあかんかったからなあ。時代が悪いのか。
千昌夫氏の味噌汁の唄の歌詞変換バージョンが良かった。
歌唱はもうぼろぼろやけど(*ゝ`ω・)

さざんかの宿と味噌汁の唄はわしの演歌デビュー曲であります。
それが同時に聴けたのは本当に自分の人生こればっかやなと思わざるを得ない。


あと、おすもうさんというのはなぜ基本歌が上手いのか( ;∀;)


今日の鉄腕DASH凄かったな。
海の前に生えてる豆で味噌作るとか。
あの海藻で作った塩なんか謎のコンクリに長年溜まった水みたいな色してるぞ。
つか食うなって。





東北物産展行ってきた。
もちろん日本酒が目的。
食事も素晴らしいが金ないねん。JRAのせいで(*´ω`*)


とりあえず福島県は喜多方市の大和川酒造店様の物件から(T . T)
山廃純米、純大をいただいた。辛口純米だけ売り切れ。
自社の田んぼで山田錦を栽培するという一貫した手づくりです。
とりあえず山廃純米ゲットです。
辛口はすごい早さで売り切れ、追加を補充しても試飲できるほどの分量が残らなかった人気者。
来ていた人の年齢層も高く、辛口が出るのはよくわかりました(>人<;)



さけ684純米大吟醸 弥右衛門 無濾過原酒

梨系の香りがちょうどよく、慎ましやかで淡麗な味わいo(*`・ω・´*)ノ
酸味が上品に利いてきてバランスを取る。
飲み飽きもしないし、インパクトに欠けるともいえないが、最初の一口にそれほど感動はしないというくらい。
じわっと効いてくるタイプかと思われます。
調子が良かったのか、試飲だけで割りと特徴をしっかりつかめ、メモも必要ないと思ったほどです。

おそらく飽きないのは間違いないと思われます。
あっさりも満足度高くそれなりに飲み干すのに時間もかけられる。
安いしお買い得と言えます(*´-ω-)



さらにあさ開がおかんが好きなのであまり大阪で手に入れられんものはあるかと聞いたらこれまた売り切れ。
1000円ほどでうまいのですぐなくなったとのこと。代わりに出羽桜の一耕にした。
ちゅうわけで代わりに試飲をさせてもらえたのがこれ(((o(´・ω・`)o)))


さけ685南部美人 特別純米酒

これは素晴らしいですね(*ゝ`ω・)
香りはさすがに南部美人だけにインパクトがある上に上品。
完璧なバランスと言えます。

淡麗でクリーミーテイストな旨みがしっかり。
吟醸酒はどれも美麗なのは知っていましたが、その美麗さはこの物件にもあります。
美麗かつコクありの贅沢な逸品はさすがの著名酒造様だと言えます。
さらに想像を膨らませれば、燗するとじわりと来てもっと飲み応えが出そう。
クリーミーさがやや抜けてもっと美麗でじわりと柔和になりそうなんて思いました。
これは著名なので今回はスルー(*´・ω-)b





そして会計で並んでるとさらに大吟醸を試飲させてくれると入れてくれた(´・ω・`)
なんという良いご婦人。
金賞酒を入れたるといわれたが、これまた売り切れ。
なんとみんなこのレベルのを試飲なしにガンガン買うていったらしい。
震災のこともあるんかな。それともやはり高島屋はわしの憎む金持ちだらけなのかφ(.. )





さけ686大吟醸 山田錦 弥右衛門

味わいの割りに安いでしょと言われた物件ヽ(*^∇^*)ノ*:・'゜☆
ほんまや。これは5000円級の味わい。3500円也で買えるものとは思えない。
しかも箱つき。
エキスのように詰まった味わいで、さらに美麗で優雅な味わい。
強い味わいながらやはりこれも無駄に主張しすぎないのが良いです。
つまりは飲み飽きしないと言えそうです。

価格の割りに安い物件として強く印象づけられるほどでした。
そしてこの酒造様の物件は実用的というか、普段飲みに適していると思います。
派手酒はやはり飲むシチュが限られるので、この慎ましやかさはありがたいと思いました(;´・ω・`A
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
6 7 8 9 11
12 13 15 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
by 株価チャート「ストチャ」
最新コメント
[11/14 NONAME]
[11/14 ダークマン]
[10/25 NONAME]
[10/24 ダークマン]
[10/11 NONAME]
最新記事
(11/17)
(11/14)
(11/10)
(11/05)
(11/04)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
神田 凧文
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/03/23
趣味:
音楽、野球、競馬、株式投資、ボウリング、日本酒、温泉、自転車、ウイスキー、ファミコン、旅行、観賞魚、写真
自己紹介:
たのしく
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
最新記事のフィルム