忍者ブログ
[1027] [1026] [1025] [1024] [1023] [1022] [1021] [1020] [1019] [1018] [1017]
疾風伝説 特攻のわし (かぜでんせつ ぶっこみのわし)
単車・・・じゃなくてチャリ転がして来たわけやね。
しかも上等なロードバイクではなくかわいいミニベロ君や。

5:55出発。
わしは常軌を逸した”晴れ”男であり、やっぱり雲の存在はなかった。
高気圧とマブダチなんだよォ・・   !?

6:13ほんで西九条のエレベータで川の下通るやつ。
あれの場所忘れてもて結局大回りして中ノ島まで行った。
すんげーロスった。もったいない



6:21前と違うとこから行きかったけど、結局また姫島からわたることになった。









6:36尼崎到着。
こっからは一本道なので割と一生懸命漕ぐ
しかし、ゆっくりこいでるロードバイクとさほど変わらない速度。











6:51悲しくなりながら西宮。
武庫川きれいやね。









7:07芦屋。嫌い。










7:24東灘区役所前。
上には六甲ライナー。
川沿いはどこもこんなふうに歩けるようになっててええな。
芦屋川とか今度行こうかのう
山も見えてきてだんだんアップダウンがあって厳しくなってくる。








7:35沢の鶴株式会社様。
こっから登って行ったら灘温泉。
ポり署あたりに名湯と名高い灘温泉があるという。








7:44灘温泉は小さい商店街の脇の筋にあった。
一見ただの銭湯です。
温泉は外見では決まらないのは法則としてあるので全く期待感はそがれない。



番台で金渡す完全銭湯。
いいっすよねこれ。なんかわし券売機嫌いやし。

しかし高性能な体重計があった。
ほう。
で、わし計るとちょっと体脂肪増えてた。12~14やったのが17まで増えてる
年には勝てんか。
基礎代謝とか内臓脂肪とかは最強やったけど。
健康状態最強を名乗るのはやめます。
ダイエットしよっと。



で、入る。
早速かけ湯からしていきなり炭酸バリバリ。
白く濁ってるように見えるほどのシュワシュワ。
これはえぐい。
香りも素晴らしいもので、もう風呂は入らんでも満足やというほど。



ほんで一箇所だけ人いっぱいの箇所があり、たぶん源泉はあれかと思ったのでまず空いてるとこから。
最初に六甲の伏流水の普通風呂から。
普通にいい。銭湯ならこれで十分でしょう。
ジェットバスには玉砂利が敷いてあるのが良い。

外の露天は多少気泡があるくらいの循環湯
これも普通にいいし、すだれから覗く太陽光線が風情。
温度が快適なのもあって十分堪能です。

ほんでいよいよ源泉。
入った瞬間は冷たいくらいで、34度て書いてた。
つか、やばすぎ。
異常なほどの気泡につつまれて何か湯が肌につきまとう感。
違和感すら感じた強烈な湯でした。
色は薄緑がかったもの。
金属臭もしました。

他の常連っぽいじいさんたちは安らかに眠っていた。
死んでるんか思うくらい。通報しようと思ったけど、わしも安らかに眠りそう。
座禅組んで瞑想してるおっちゃんも居た。


あまりに素晴らしいので一生ここおろかなと真剣に考えました。
ここにパソコン持ち込んで在宅ワークならぬ在温泉ワークとかしょーもないことしか考えてなかった。
ほんなら気泡が面白すぎて遊んでしまった。

まず気がついたのは体中についた気泡を取り払ってみたりすると溜まった気泡が舞い散ってさらに濁るような感じになること。
ほんで、うぶ毛にめちゃつくから体毛濃い人うらやましいなとか考えると、誰にでもわけへだてなく体毛が生えている箇所があるじゃん(なぜ標準語)と思いついた。
一応こんな辺境ブログであろうが自分以外の人間にも数は少ないが目に留まるところなので正式名称は書きづらいのですが、まあ、いわゆる大事な箇所を守るための縮れた太い毛。
つまり、俗称チン毛なわけですが、それを見るとなんとも異常なほどの気泡祭り。
そんなにわしのチ○コが好きかと気泡に聞きたくなるほど。
年が気になる人は白髪になったのかと驚く(大げさではない)ほどでしょう。

それを見てなんか水槽を思い出した。
色は違うけどウィローモスに似てる気がしたんすよね。(あほ)
ほんでわしのシンボルはクラウンローチ。あ、でも縞模様あるか。
アルビノコリはちょっと形がちゃうしなあ。
まあ、先っちょクロマティ(先マティ)と違っていい色してるので大丈夫。
悪くないたとえ。

そんないまどき幼稚園児でもやらんようなことを考えたりしてたりするとガキが人生に疲れたように浴槽のふちにだらんとちいさな体を投げ出していた。
それを見てまじめに名湯を味わうことにしました。

ちょっと冷えてきたので打たせ湯に行った。
ほんなら滝行もまっさおの勢いのある打たせ。
つか、何でそんな親の敵みたいにっちゅーくらいの圧力。
痛いです。
でも、面白いのでがんばっていた。

そしてまた源泉を堪能して出ました。
これはやばい
片道1時間半超えても通いたいレベル。




んで外出るとなんかさすり観音ってのが。
ここが温泉っちゅーのを主張するポイントっすね。









こっからは無目的。
とりあえずさらに西へ。
山手のほうは景色がいいので適当が楽しい。








9:14新神戸(田舎)
と思ったら外は結構でかい建物多かってんな。
電車から見たら山奥に見える。








9:37湊川トンネル・・?
ただの高架下なんすけど








9:51長田を過ぎたあたり。
この辺チャリで飛ばせんように歩道の縁石のとこに角度ついてるねんな。








10:07山見ながら走ってるといつのまにか海が見えた
さてどんどんHPが回復してくるのがわかったのでこのまま明石まで突撃を決めた。
東京VICTORYは空気とか言うてごめん。
果てしない空と海の青さには確かに胸がさわいだわ







10:29結構海見えてからも距離あったけど明石海峡大橋が見えてきた。









10:34ここが真下。
上しか通らんからわからんかった。
脚は意外と太くないねんね。






橋くぐってすぐんとこで海を眺める
夏を過ぎてかなり海自体はきれいにうつるのが良いすね









10:54道路に看板がかかってたのでここも入ってみることにしました。
つうても橋からすぐんとこ。
スーパー銭湯っぽいがこれは明らかに橋を見るために作ったという箇所。
最低でも景色は美味と見て入ってみる。





裏にまわって橋がどう見えるかもチェック。
これは大丈夫やろ。



中は期待以上でした。
つか、すごい湯があった。
含鉄泉で茶色の湯。海の前だからかすんげー塩っぽいというヘヴィな湯でした。
その割にまったりと多少ぬるめの湯は入りやすい。
しかも海の前だけにいい風も感じる。
ここでも老人が安らかに眠っていた。
湯に浸かると橋は見えないが、いすのところからは丸見え。
休憩のときは橋を堪能しましょう。
あとはわしの好きな石釜風呂を堪能。
ここも素晴らしかった。

惜しいのはここにすんげー長いパイ毛のおっちゃんがおったこと。
10cmはあろうか。
この人が灘温泉におったらなと思う。
ぶらさがるパイ毛にまとわりつく気泡がまるで藤の花のように美しかったことであろう(あほ)
惜しい人材であった。





12:19食堂であじのたたきを食った。
もちろん橋を堪能できる屋外で。
ちょうど大蔵海岸の見えるとこであります。
夏場はうるさそう。








ほんで携帯で調べると向かいに酒造があるとのこと。
まあ、開いてるわけないと思ったら開いてなかった。
というわけで引き返す。

帰りは非常にテンションが下がる。
一気にHPを奪われる。まるで毒沼を歩いてるサマルトリアの王子である。
すぐ死ぬと思う。

で、急激に眠気。そや。今日が楽しみで全く寝られんかってんや。
いい加減この遠足前のガキの精神状態から抜け出したい。
いつまでも純粋な少年のわしである。


13:28てか、何も食ってないのも判明。
なんか手が震えてきたと思ったら。
山陽須磨駅前でローソン見えたので急遽食事タイム。

いわゆるクロワッサンドーナツを食った。
カロリーとか糖分とか足りんと思って。
ナトリウムとかは大丈夫やろ。温泉浸かったし。


簡単な食事でも十分復活できることがわかった。
また回復して海の前を疾走する。


こんな珍しい地形も
てか、神戸あたりは山があるのでかなり道が複雑でおもろい。
尼とかは歩道のない交差点とかでいちいち歩道橋を使ったりクズ以下の道路が多いですが、神戸は許したる。







スマスイやー。
まあさすがに行きつくしたので今回はスルー









14:12ほんでつまらん国道を疾走して京橋。
通称便所。









14::28とにかく横断歩道がないこの辺。
むかつくけどのぼったら異様なところへ。元線路やったんかな。
ほんならそのまま歩道橋はずっと続いて高台へ。
学校があるし歩道橋から直通やねんな。
そのまま走ってると遊歩道に変わってたりと異様。



そのまま走ると沢の鶴様。
また灘温泉入りたなるやん。



14:46進むとやまやの看板があった。
で、ここはパニエちゅーショッピングモールやねんな。
酒買おうかと思って入った。

まあ、やまややからしゃーないけどワインがほとんどやった。
無念







15:25次は嫌いな芦屋で阪神沿線に順路変更。
ほんならこんな風景が
だっせー
ちょっとしゃあないから芦屋を許してやる気持ちになってあげた。

駅もショボかった。
いや、これは芦屋のこの辺がショボいのではなく阪神電車がショボいんやろなどうせ。

ほんで神戸にしむら珈琲店行った。
やはり宮水はうまい。というか、水ということを頑なに主張してくる。
飲んだ!という気になれる水っすね。
それで淹れたストロングコーヒーは不思議とまろやか。
わしはあまり喫茶店には寄らないのは粉浮きそうなくらい濃いーのをいつも飲むバカ舌(完全に中毒)なので薄く感じるねん。
まあ、それは仕方ないとして香ばしさはちゃんとあったから良い。
そろそろわしもコーヒー豆をそのままかじる世界に行きそうや。
終わってるなほんま。

16:25最後に宮水を見る。
感動して立ちすくんでしまった。
やはり水は人間が生きるためのすべてと言える。
つまり水は神様なんです。
エホバとかヤハエとかアッラとか言うてたらあかんでほんま。
そんなん勝手にどっかのおっさんが妄想で作っただけやねんから。
つまりニセモン。
神は西宮市に普通に居ます


尼あたりは横断歩道がない交差点が多すぎて死ぬほど疲れた
さすがに120kmも走ると意外なところが痛くなる。
わき腹の上あたりが痛かった。
たぶん乗り方悪いんやろな。


次は山空海温泉でも行こうか。
テレビでは色物的扱いながら、大阪では珍しい源泉掛け流し。
久々に一庫ダムも見たいよってに。
PR

コメント
無題
俺は超激烈雨男 今の会社でも有名になってきた
【2014/09/24 22:10】 NAME[門本(仮)] WEBLINK[] EDIT[]
無題
俺は超激烈雨男 今の会社でも有名になってきた
【2014/09/24 22:25】 NAME[門本(仮)] WEBLINK[] EDIT[]
無題
今回はえらい遠出っすな。
  
34℃の源泉って、えらい低温やな。
普通に湯の中で寝れそう。
  
須磨とか垂水あたりの海はごっつ綺麗すよねえ。明石海峡は、プロムナードとか結構おすすめ。
足元に海とか見られて迫力がある。
     
120とか、かなり足来たんちゃう?
わたしゃ、米原から関ヶ原越えて長浜周りで米原までレンタサイクルで周遊した後、足痛うてたまらんかったわ。
整骨院とかで、マッサージとかたまにしてもらうと良いと思う。        
【2014/09/25 00:30】 NAME[ダークマン] WEBLINK[] EDIT[]
無題
超激烈雨男よ。わしの友人M氏には負けるぞ。ドーム球場で二回中止とか歴史上の人物。
ちなみにわしは神に勝った晴れ男。

34度ちゅーと人肌以下になるから長く入ると冷えてくるかなという感じっすね
まあ、低温の源泉ちゅーのは加温してるのがあるから実際は多いっすね。

プロムナードて知らんかったーーーー。また行ったら行ってみる。安いし。もったいないことした。

わしチャリは一応そこそこええやつなんで足は大丈夫も上半身のほうがしんどかった。まあ、わしの場合普段から乗ってるのも大きいけど。
米原関ヶ原長浜米原で調べたら最短でも50kmくらいやな。
それレンタで周るのはムチャです。山道やし
いいチャリなら君も100kmはいけるすよ
【2014/09/25 23:47】 NAME[NONAME] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
6 7 8 9 11
12 13 15 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
by 株価チャート「ストチャ」
最新コメント
[11/14 NONAME]
[11/14 ダークマン]
[10/25 NONAME]
[10/24 ダークマン]
[10/11 NONAME]
最新記事
(11/17)
(11/14)
(11/10)
(11/05)
(11/04)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
神田 凧文
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/03/23
趣味:
音楽、野球、競馬、株式投資、ボウリング、日本酒、温泉、自転車、ウイスキー、ファミコン、旅行、観賞魚、写真
自己紹介:
たのしく
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
最新記事のフィルム