忍者ブログ
[870] [869] [868] [867] [866] [865] [864] [863] [862] [861] [860]

寝れんかった。
ちゅーことでバスの始発で葦毛湿原に行った。
時間はいくらあってもたりましぇん。

バスの運転はおばちゃん。
客がわしともう一人だけやってんけど、もう一人の客がタイヤの上の席におったもんやからもっと楽な席に座ってええよと薦めた。
なんか田舎バスの雰囲気やなあ。
豊橋っちゅーのは絶妙な都会具合やわ。ほんま。


 

湿原は豊橋駅からバスで30分ほどの便利なとこで行きやすかった。IMG_5060.JPG
スケールは小さいねんけど行きやすいのはええやね。
しかしそれはアダになっているのは当然で、荒らされる要因でもあると。








で、湿原でさまよってると一人のじいさんが声かけてきたんやけどこれがものすごいことになった。IMG_5063.JPG
わしにいろいろ教えてくれると。
で、ついていった。

ほんならこのじいさんはボランティアで湿原の保全と再生してる人で、花のある場所とか全部知ってるような人やった。
おかげさまで助かりまくった。







なんせ珍しいものが多いため、いろいろ荒されるということから詳しいことは省く。
超辺境クソブログとは言え不特定多数に(少数?)目に触れる可能性はある。IMG_5098.JPG
だからおたまじゃくしの写真だけにしときます。
でも、おたまも減ったって言うてたわ。

じいさんはとても足が速く、たぶん慣れてないとついていけないレベルやった。
わしみたいに山歩き慣れ+もともとイラチで早歩きの性質じゃないと多分無理やった。
つーのも登山やっとったらしくて、やっぱりその辺も詳しかったんで日本アルプスの話とかも聞いた。

おかげで湿原を効率よくくまなく見られた。
時間余りまくった。
その上電車の駅まで車で送ってもらえたし、最後に渥美半島の植物図鑑までいただけた。
なぜか車に二冊積んであったから大丈夫と思ってありがたく頂戴した。
まあ、何から何まで世話なったほんま。
わざわざ大阪から来てくれてなんて言われたが、他地方のものに湿原を荒されて来たやろうに。
なんせこの辺にしかない種類の花を取って帰るのが多いから数が減ってしもたらしいから。
テレビで紹介されてからそうなったらしい。丹後半島と一緒やと思ったわ。ほんま。
蒲入とか生き物減ったん丸わかりやったもんなあ。

わしはほんま旅行中でも何かと声をかけられる。やっぱ弱そうやからやろなあ。
昔なんてカメラも持たずで、ほとんど手ぶらで行ってたもんやから地元人と思われて道もよう聞かれたし。
この辺ビジュアルでトクしてるわ。ほんま。
 

 

次は阿寺の七滝。
これは気合い入れなやばいと思った。地獄の飯田線や。
なんせ豊橋でも電車30分待ちや。その間に桜ういろう、レモンパン、かしわもちゲット。
電車では少し仮眠を取れた。
これで今日は持つなと思った。何もかもが上手くいっている。
ナメてかかったらやはり地獄は待ってたわ。


 

なんとバスが全くといっていいほどなかった。IMG_5136.JPG
これはプランに支障が出るレベル。
と思ってここはパスして湯谷温泉に直行と思ったら、電車は2時間20分待ち。
来たわ。。
豊橋に戻るほうに至っては3時間近く待ち。
完全に閉じ込められた。


 

まあここは仕方なく?大自然の中でのんびりした。IMG_5135.JPG
これもいいもんや。パン食ってここでも一時間ほど寝た。








次は湯谷温泉。これは駅から歩きやから帰りの電車だけに気をつければ楽勝やった。IMG_5078.JPG
まあほんま地味~~~な温泉街で、わしみたいな地味好きにはありがたい。
ほんまこの辺ええね。癒しやわ。








 

湯谷温泉は塩化物泉。IMG_5084.JPG
相当塩気が強く、かなりぬくもる。
疲れもめっちゃ取れるんかなと思う。
体がじんじんしたもんねえ。
やっぱ温泉は楽しすぎる。
あと、ところてんを買うた。






で、豊橋に戻ると18時半。
少し町歩きをして地酒探し。
これはみやげ物屋で三本ゲット。
蓬莱泉の可。もあったので購入。これ日本酒初めて飲みにいって薦められた物件。
幸か不幸か日本酒に走った原因の酒の一本や。

 

ほんで静岡へ移動。残念ながら浜松はお祭りの最中ということで今回は全面スルー。
サザンのライブで来て以来15年ぶりに弁天島の渚園に行こうと思ったけどやめた。
うーん、これは心残りや。浜松駅で一泊したりといろいろ面白かったので思い出していた。




21時半到着。IMG_5086.JPG
この辺では居酒屋でも生シラスがあるということで一番評判の「海ぼうず」に行った。


ほんならやっぱ待ち時間結構あった。
でも、ぜんぜん知らんから安全に評判を信じて行くしかなかったよねえ。









まず生しらす。IMG_5088.JPG
これは売り切れ直前やったらしく助かった。生さくらえびは売り切れやった。まあ明日食えばいいさと思ってスルー。
最初は焼酎のお茶割り(さすが静岡)を頼んで様子見したけど、生シラスっちゅーのはもう日本酒を呼びよせるね。
早速誉富士の純米を頼んでしまった。

あと意外にうまかったのは黒はんべ。見た目最悪やけどかなりうまい。
これ4つも頼んでしもたわ。ほんま。釜揚げなんて二個食ったわ。
あと静岡のおでんは鰹節と青海苔が乗ってる。これも参考になるな。
アレンジ次第で大阪でも使えるネタや。
ちょっとおやつ的な味わいになる。

というのもイケメン店長に勘定のときに聞いたんやけど、静岡では駄菓子屋でこれを普通に食えるとか。
おやつ的やなあと思ったのは第一印象やったけどやっぱりそのとおりやったんや。
で、焼き鳥みたいにくしに刺して売ってて、そのくしの本数で金払うということもするとか。

黒はんべもその歴史を聞いた。
店も閉める直前やのにかなり詳しく教えてくれた。
まあ、評判ってのはわかる。ほかの店員も話し上手。若い人ばっかやのに。
ここでも大阪からわざわざとこんな辺鄙なところへと言われた。
それは謙遜しすぎやろっちゅーほどに。
まあ、大阪からは旅費のコスパが悪いからあまり来ないんやろうね。
わしはこの辺好きやから来てんねんけどね。
いやまあ、ほんま人に恵まれすぎな今回やったわ。

 

さけ164花の舞誉富士純米酒
f0bcaf48.jpeg
誉富士という地元の酒米を使用した銘酒。
山田錦の変種らしいので、食中酒にいい感じの渋みとキレがあります。
これはやはり生シラスに抜群の相性。
すっきりしていながら味わいは強靭。
酒のうまさを主張しながら、料理を引き立てる。その両立。
静岡県の県民性を示した物件だと思います。

富士山の世界遺産登録に向けて売り上げの一部を寄付していたということもあり、本気度高いです。
とにかくおめでとうございますと言いたい。
こちらもまた人が増えて荒らされるという懸念がありますが・・

PR

コメント
無題
猛禽に釣られて帰ってきたわ。
引っ越しも無事済んで、実家にJCOM引いた。
で、今はなぜかフェイスブックをパソコンで
始めた。
動画のアップロードがうまくいかんので、
たぶんまたブログをやると思うが、まあ時間
あったら見てくれ。
         
またマニアックなとこ旅してまんな。
地味な君にはちょうど良いか。
愛知静岡は、なぜかそそられるもんがある。
大アサリとか、うまそうやな~。
実がしまってそうやな、ぜひ賞味したい。
てか、大阪から葦毛湿原を訪れる者は、君くらい
のもんだろう。
       
あっちらへんの老人って、めちゃフランクなん
よなあ、なぜか。
大阪よりも気さくなんではと思う。
そうそう、湯治場の老人会話はなんともいえん
味わいがあるねん。
わしは道後温泉で、老人の出征話を伊予弁で話し
てるのを聴いた。
あれはまさに至上の音楽や。
    
そして浜松は最高や。
一日にメール800通、着信200件を友人に
入れる変態ピアニストを生んだ街や。
餃子も食うたほうがええっすよ。
        
道中ぜひ楽しんでくれ。
【2013/05/05 22:38】 NAME[NONAME] WEBLINK[] EDIT[]
無題
お早いお帰りで。
ヘイスブックってまじでなんなんすかね。
おもろそうやったらゆうてくれ。

ここらは観光地でも結構地味やわ。
それがそそるねんな。わし。
葦毛は近畿からも来る人がおるけど、花マニアとかみたいやね。わしみたいに目的なく来るのはおらんかも。
何人かの老人とも話したけど全員に大阪からって珍しいって言われた。
そして基本おっさんがフランク。
大阪と逆なんやね。おばちゃんがおとなしい感じやわ。これは岐阜行ったときも思った。

老人の戦争会話は凄い。
なんせ劇画調になる。
うちのじっちゃんもシベリア強制労働の話と満州の話と刺されて腎臓失った話を楽しくしてたわ。

浜松は今回スルーやねん。
祭りがあって人が凄いらしくて。
まあ、比較的行きやすいし、ちょっと前高速のSAでうなぎ食って浜名湖見たからそれほど執念燃えなかったのも。
できれば焼津あたりとまたセットで来たいね。
この辺怪しそうや。
【2013/05/06 04:06】 NAME[(´・ω・`)( ^ω^ )(・ω・)] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
6 7 8 9 11
12 13 15 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
by 株価チャート「ストチャ」
最新コメント
[11/14 NONAME]
[11/14 ダークマン]
[10/25 NONAME]
[10/24 ダークマン]
[10/11 NONAME]
最新記事
(11/17)
(11/14)
(11/10)
(11/05)
(11/04)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
神田 凧文
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/03/23
趣味:
音楽、野球、競馬、株式投資、ボウリング、日本酒、温泉、自転車、ウイスキー、ファミコン、旅行、観賞魚、写真
自己紹介:
たのしく
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
最新記事のフィルム