忍者ブログ
[514] [513] [512] [511] [509] [508] [507] [506] [505] [504] [503]
以前書けなかった伊根町のこと。

伊根町というのは丹後半島の東のほうに飛び出したとこにあります。
舟屋で有名っすけど、海がきれいだし魚がうまい。
複雑な地形で、海岸線を見てるだけでも楽しい。

丹後は良い漁港がある。
漁港巡りってのも意外と面白いもんですよ。
魚もアジとか大量にバケツに入ってタダ同然だったりしたことも。
ていうか釣りしたら新鮮な魚なんぼでも釣れますがね。
キュウセン、ベラ、カサゴ(わしらはがしらって言います。)などは誰でもお子様釣りセットがあれば釣れるしうまい。
ベラに関しては熱帯魚みたいな模様だし、がしらはブッサイクなツラしてますがうまいです。
あと、個人的にはカワハギが好きっすね。是非刺身で。

伊根やったかどっか忘れましたが、波止場に足場になるような割れ目があって海から陸に上がれるようなとこがあった。
ここで「ラムネ」っつーのを楽しんだんすね。
ラムネ言うんは足から垂直に海に飛び込むことを言います。
そして底に足がついたらうれしいみたいなね。
なんべんやっても快感っすね。

舟屋からもうちょい足を伸ばせば蒲入ってとこがある。
ここが個人的に最高。
ドライブにもこの辺は最適。
家並みの間の道を走ったり、海沿いを走ったり。
伊根町は何やっても楽しいっすよ。

しかし、舟屋がドラマで使われてからここも観光地みたいに・・。
それからはめっきり行かなくなりました。
でも、今でも景色も地味ながら素晴らしいです。
そろそろ人も減ってるかね?もっぺん行かななー。




Maria Bethania / A Forca Que Nunca Seca
41KJ56CXPEL._SL500_AA300_.jpg
先日紹介したカエターノ・ヴェローゾ氏の妹さん。マリア・ベターニア氏です。
今夏は贅沢に兄妹対決です。

針を落とした瞬間(再生ボタンを押した瞬間)一瞬で空気を変える音楽家。
というのは何度かわしも使ったフレーズですが、この偉大な歌手もそうです。
形容する言葉はそれしか見つからないですね。
暖かいとかそんなありふれた言葉では不十分。
昨日紹介したアードベッグのように複雑な味わいもある。
今思ったけどアードベッグのお供にかけてみてもええわ!

そして曲も素晴らしすぎ。
歌い手(語り手)が良ければどんどん説得力を持ち、多くを語る歌。
やはりこれも歌好きなら全人類聴かないといけないでしょう。



オルケスタ・デ・ラ・ルス / サルサには国境はない
41S0VK6HZFL._SL500_AA300_.jpg
日本人サルサ・バンド。
国境ってのは音楽にはないっすね。
というか、国や地域の良さや本質をそこに込めて誇りやなんかにしていくわけですが、音に対する印象の持ち方は人類共通。
すぐに違う国との違いや個性の差を見つけることができる。で、お互い興味持ったり尊敬しあったり。
言葉なんかにも「壁」があるとか言うし、音楽ってのは凄いっすよね。

ただ、違う国の音楽の本質に迫ろうとしても難しいのあるでしょう。
デラルスは日本の視点から見たサルサなのかも。
あまりに気軽に聴けるのはサルサの中では異質だとわしゃ思うっすね。
まあ、その気軽さゆえ聴き心地は良いっす。
やっぱできたら日本人は演歌を歌うのが理想ですが、流行らんねえ・・。




Paulinho da Viola / Zumbido
51ljeUltWsL._SL500_AA300_.jpg
代表的サンビスタ。パウリーニョ・ダ・ヴィオラ氏・・
生まれながらにして持っているとしか思えない気品と余裕の溢れる歌は特別すぎますね。

大物音楽家には自己主張の強い人が多いですが、この人は微塵も感じさせません。
勝手に歌ってるから聴きたければこちらにどうぞって感じで押し付けがましさも全くなし。
それでいて異常なほどの引力で引き込んでくるのは反則でしょう・・
こういう存在感って本当に貴重ですわ・・
PR

コメント
無題
わしが舟屋に行った時は夜明け時でしたね。
静けさの中に、波の音だけがサーッと鳴っている
のがなんともよかった。
鮮魚を食べ損ねたのが今でも悔やまれる。
けど、うなぎがおいしかったので、まあよしだ。
あと、丹後の人間ってやたら車とばすんすよね。
あれは難儀やったなあー。
  
やはり海にも行きたかったな。
わしは但馬の浜坂によく行ったが、あそこも良か
った。
【2010/08/10 00:41】 NAME[安いマン] WEBLINK[] EDIT[]
無題
丹後は特別な名物は確かなかったと思う。
まあでも、どれ食っても確実に良いと思うっすけどね。
わしは自分釣りばっかなので詳しく知らんすけど。
とにかく上記ベラ、キュウセン、がしら、かわはぎがメイン。
あとキス、メゴチ、運がよければボラなんかを狙いました。
そして当時は禁止じゃなかったのでウニとか。
あと好きだったのがにいな(主にばていらなどの巻き貝)ですな。
まあこれらは丹後に限らずどこでもおるっすけどね。淡路でもベラやがしらはよう釣る。

丹後は車飛ばすんすか。
うちらのほうが倍以上飛ばしてたからわからんかった・・。
【2010/08/10 07:52】 NAME[ ] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 4 5 7
9 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
by 株価チャート「ストチャ」
最新コメント
[10/11 NONAME]
[10/10 門本仮]
[10/10 NONAME]
[10/09 門本仮]
[10/08 NONAME]
最新記事
(10/13)
(10/11)
(10/10)
(10/08)
(10/06)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
神田 凧文
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/03/23
趣味:
音楽、野球、競馬、株式投資、ボウリング、日本酒、温泉、自転車、ウイスキー、ファミコン、旅行、観賞魚、写真
自己紹介:
たのしく
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
最新記事のフィルム