忍者ブログ
[323] [322] [321] [320] [319] [318] [317] [316] [315] [314] [313]
日食やったらしいねえ。
曇りやし外も出んかったわ。
次回は見たい。生きてたら。




Alamaailman Vasarat / Vasaraasia
51ev9pDv2kL._SL500_AA240_.jpg
フィンランドのバンド、アラマーイルマン・ヴァサラット。
ジプシー音楽にメタルな要素を組み込んでおります。
どっちも速い音楽で、大音量がウリなので相性はいい。
まったく自然な組み合わせで、違和感は一切感じなかったっす。

なじみの楽器を組み込んでいるとわかりやすくて若干ポップさがあがると思う。
本来のジプシー音楽はもっと濃いし派手で強烈なんですが、そればっかりが良さじゃない。
こういうのもアリっすね。

音楽の基盤はたぶんジプシーなんで、メタル派が幅を広げるのにいいかなあ。
逆にジプ派がこれでメタルに行くことはなんか考えにくい。




Milton Nascimento / Courage
51M77BKWMAL._SL500_AA240_.jpg
ミルトン・ナシメント氏はブラジルのシンガー。
これはデオダート氏のアレンジが効いてるのがうっとおしいですが、歌も曲も抜群でいいなあと思いました。
フィル・スペクター氏やデオダート氏はどうも派手すぎでおなかいっぱいになるので、この名前を見るだけで吐き気がするのですが、いいと思える人にはいいのでわしの趣味は忘れてください。

で、このお方。
なんとも言えない声と歌は、テクい感じではないのですが自然体で装飾的なものを嫌うワシにはいい声となります。
ポップス(MPB)の範疇にいるお方ですが、民族音楽がほしい時にもこの歌は聴ける。
ポップ・ファンにはもちろんですが、この歌は明らかに違う趣味の人にも一度聴いてほしいほどっす。



Emperor / In the Nightside Eclipse
51TKn-o0uYL._SL500_AA240_.jpg
日食がありましたな。
てなわけでピンク・フロイドの狂気を・・と思ったら過去に取り上げてたのでAmazonでEclipseで検索。
で、選んだのがコレ。ちょうど寒々しくていいなあと思った。

現在エンペラーはブラックメタルの中でもまだ一般のメタルに近いくらいのものがあってよく知られたバンドっすけど、この時代は音質がスカスカ、キーボードも寒い雰囲気を出すためだけのもので、かなりアングラな音。
曲自体はなかなか一般にもアピールしそうなものなんですが。
テクい部分も少なく、一般のメタルファンにはイマイチ受けなさそうっす。
しかし、それこそがブラックメタルとも言えるのでこれをむしろエンペラーの最高傑作だと思う。

ちなみにこのバンドは当時のメンバーのほとんどが犯罪者。
しかし、今は見る影もなし。
だいぶ前ブラックメタルの写真展なんてのがあったんすけど、穏やかな生活が垣間見られある意味がっかりしたことも。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 4 5 6
8 9 11 12 14
15 16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
by 株価チャート「ストチャ」
最新コメント
[07/17 NONAME]
[07/14 門本仮]
[07/13 NONAME]
[07/12 門本仮]
[06/25 NONAME]
最新記事
(07/17)
(07/13)
(07/10)
(07/07)
(07/03)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
神田 凧文
性別:
男性
趣味:
音楽、野球、競馬、株式投資、ボウリング、日本酒、温泉、自転車、ウイスキー、ファミコン、旅行、観賞魚、写真
自己紹介:
たのしく
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
最新記事のフィルム