忍者ブログ
[267] [266] [265] [264] [263] [262] [261] [260] [259] [258] [257]
3連単ドンピシャ。3頭ボックスで当てた。
しっかしウオッカすげえなあ。
酒つながりでおかんにええ酒買うことになった。



光原良かったです。完敗。



高柳昌行 / 集団投射-Mass Projection
31APG4XNEAL._SL500_AA240_.jpg
日本が誇るフリー・ジャズ。
ライブですが、こんなんまともに聴いていられる自信はありません(汗)
高柳氏のギターと阿部薫氏のサックスの真剣勝負。
侍の国ニッポンだからこそ完成した真の闘いだと思う。

ノイズミュージックではない。
演奏者の叫びを聴くれっきとしたジャズです。
しかも流れは感じる。
フリージャズはテキトーじゃない。本当の表現であるという証明だと思った。




Julian Bream / Spanish Guitar Recital
61n6NnhNNwL._SL500_AA240_.jpg
英国のクラシックギタリスト、ジュリアン・ブリーム氏の演奏はを聴いていると、この狭い部屋が急に宮廷に変わったのです。
巨匠と言われるだけに、巧さもハンパないんでしょうけど、この感覚がとても気に入ったのだ。
情景に引き込まれるのが最強の演奏だと、ギタリストでない人間の、聴き専の感覚として好ましい演奏っす。

現代も素晴らしい演奏家はいますが、どうにも違うなあと思うところが多い。
派手なパフォーマンスショーを見ているような・・そういうのが残念。

掲示板とかニコ動などを見ていても派手で速い動きに注目が集まるもんなあ。
聴く側もそれを求めているのか。
わしゃ古い?そうだが何か?




Navajita Platea / En Familia
61JeHIhVexL._SL500_AA240_.jpg
ナバヒタ・プラテアはスペインのフラメンコ・ロック(ポップ?)グループ。
かなり洗練志向。これ以上ポップだとウザくなるが個人的にはギリギリの線でとどまっている。
フラメンコはもっともスムースに都会に溶け込んだ音楽だとは思いますが。

サウンドはもちろんですが、ヴォーカルはもはやロックに居てもおかしくないくらいの声と歌いっぷり。
車のラジオからポップスやロックがかかる中から聴こえて来ても違和感ないっすよ。
個人的にはそんなに進んで聴きたいものではないっすけど、まあオススメです。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
6 7 8 9 10
11 13 14 15 17
19 20 21 22 23 24
25 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
by 株価チャート「ストチャ」
最新コメント
[06/04 NONAME]
[06/03 ダークマン]
[05/12 NONAME]
[05/11 門本仮]
[05/10 NONAME]
最新記事
(06/26)
(06/18)
(06/16)
(06/12)
(06/05)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
神田 凧文
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/03/23
趣味:
音楽、野球、競馬、株式投資、ボウリング、日本酒、温泉、自転車、ウイスキー、ファミコン、旅行、観賞魚、写真
自己紹介:
たのしく
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
最新記事のフィルム