忍者ブログ
[442] [441] [440] [439] [438] [437] [436] [435] [434] [433] [432]
ヒヤシンスS

◎マカニビスティー
○トーセンアレス
▲ソリタリーキング


ダイヤモンドS

◎メインストリーム
○メイショウドンタク
▲トウカイトリック


きさらぎ賞

◎レーヴドリアン
○インペリアルマーチ
▲ダイワバーバリアン

全部三連単◎→○⇔▲
こんな堅い馬券買うん久々やでまじ。





稲垣潤一 / NO STRINGS
51TSgPwFRXL._SL500_AA240_.jpg
イナジュン氏は雨のような哀愁と繊細さを感じさせる声を持つシンガー。
この手の声はかすれた感じだったり、パワーに欠けることが多いんすけど、イナジュン氏は別。
力強さすら感じたりします。

この声が80年代ポップに合う。合いすぎる。
90年代もヒットを飛ばしましたがやっぱり80年代が上回ってるかな。
ヒット曲には哀愁系が多いですが、おしゃれな曲はもっと合うっすね。
声フェチを自認する女性の方々はベストだけじゃなくアルバムも聴くと良いっすね。
そしてこの声を聴いて悶絶して悶絶死しろ。





Munir Bashir Omar Bashir / Duo de' Ud
31cvbAJY-NL._SL500_AA170_.jpg
ウードって楽器の演奏家親子。
身内の素晴らしいデュオは多いわけですが、この身内もすばらしいです。
遺伝子が同じってのはいくら訓練された他人デュオにも届かないところに行ける可能性がある。
これも才能の一つって感じっすかね。双子デュオとかすごいもんね。
夫婦デュオとか緒戦他人って感じしますもん。

華麗で正確なプレイで、万人に受けそうな気が個人的にしますが、ウードの音や即興性の高い曲からやはりここはターゲット民族音楽ファンに限定されそうか・・。
しかし息詰まるような鋭角的プレイに緊張感高く、エキゾチックな音楽。
てなキーワードに惹かれたアナタ。この地域の音楽は絶対おすすめっすよ。民族ファン以外でも!!




Drifters / The Definitive Drifters
4185X7RK88L._SL500_AA240_.jpg
米国黒人コーラスグループ。
ドゥーワップってジャンルっす。
日本のドリフターズってバンド名はもちろんこのグループから取ったと言えます。
オールディーズの安いちゃっちいオムニバス盤に大抵入っている定番中の定番っすね。
ベン・E・キング氏も一時所属しました。

米国ポップが輝いていた時代を象徴するサウンドはレコードで聴きたいが、このベストはかなりお得っぽいので仕方なく。
昨日も申し上げましたが、時代のサウンドってのはやっぱり大事だと思いますわ。
このサウンドをもし現代サウンドに置き換えたらドリフターズの緩くて温かい音楽性が損なわれるでしょう。
サウンドが音楽を作るってか、自然と時代のサウンドに合った音になっていくのか。

これからサウンドの進化というのはどこに進むんかわからんですが、進化がはっきりした時にいい音楽家が生まれたら最強ですなあ。
それを待っています。
って思い切り話題逸れたがな。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 5
6 7 8 10 11 12
14 15 16 17 18 19
23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
by 株価チャート「ストチャ」
最新コメント
[08/18 NONAME]
[08/16 門本仮]
[08/14 NONAME]
[08/13 門本仮]
[08/13 NONAME]
最新記事
(08/22)
(08/21)
(08/20)
(08/13)
(08/09)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
神田 凧文
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/03/23
趣味:
音楽、野球、競馬、株式投資、ボウリング、日本酒、温泉、自転車、ウイスキー、ファミコン、旅行、観賞魚、写真
自己紹介:
たのしく
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
最新記事のフィルム