忍者ブログ
[386] [385] [384] [383] [382] [381] [380] [379] [378] [377] [376]
中島みゆき氏が紫綬褒章。
コメントもさすがです。
生きた歌、生きた詞、生きた音楽を生み出せるアーティストです。
しかし、最近はこういった生きたものがあまり流行らない。音楽界がものすごあっさり口ですよね。

桑田氏がシングルとな。
音楽寅さんの曲が出るとか。
69のブルースと文学のやつらしい。
69は是非欲しいな。




中島みゆき / みんな去ってしまった
31DAX47FXEL._SL500_AA240_.jpg
みゆき氏2nd。
歌謡アルバムとしてはいい感じのアルバムっす。
この後のズバ抜けた個性はまだ感じませんが、みゆき氏の個性はすでに持っています。

歌の表現性や個性を感じて欲しいわけっすけど、現代の音楽シーンがそれと逆を行ってるわけで中島みゆき氏がどのように受け取られるか。
歌詞のほうもかなり濃いっすからねえ・・。
最近音楽界の歌詞はきれいな言葉並べ立ててますが、この時代の音楽界は人間の汚い部分とか悪い部分をさらけ出すことが多い。
さらに文学的だったりユーモアが多かったりしてじっくり聴かなければならない。
その代表が中島氏。だから若い人には好まれないかもしれないっすね。




中島みゆき / 私の声が聞こえますか
31X233D1RAL._SL500_AA240_.jpg
デビュー作。
メロディの良さが際立っているっすよね。
その点だけですでに素晴らしいですが、歌や歌詞でもどんどん個性を伸ばして紫綬褒章。

「ひとり遊び」や「時代」と言った聴きやすい代表作がここに収められています。
イメージと違って明るい曲も多いのが中島氏。曲のバランスも取れたアルバムが多く、普通の歌謡アルバムとして素晴らしいっす。
もっと個性的な中島氏を見たいなら↓とかが良いっすね。




中島みゆき / 生きていてもいいですか
21YJRTV6NFL._SL500_AA240_.jpg
ハードコア。
中島氏の強烈な演技力で驚くことでしょう。
タイトルと歌詞を見つめて聴くべき傑作です。
圧倒的に暗い作品で、中島氏の中でも最強でしょう。

思いを感情のまま書きなぐったような「うらみ・ます」は迫力が異常であり、これこそがほんまの歌やでと言いたい懐古なわし。
近年のきれいごとを箇条書きにした歌詞で何とも思えないわしとしてはこういう汚い作品は最高です。
しかしこんなストーカーみたいな歌詞で泣き叫ぶように歌いながら本人は至って陽気だと言う。
まあ、健全の塊みたいな歌を歌う某マッ○ー氏もキャラとのギャップは凄いですが。
そして「エレーン」。これは歌詞の元ネタを是非調べて聴いて欲しいっすね。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
中島みゆき
NO.01255 中島みゆきのデビュー・アルバム『私の声が聞こえますか』(1976年) 最近はマネージメントをしている担当アーティストの影響から邦楽にも心が揺れていて、その影響から先日、中島みゆきのCDを大人買いしたので、ここにご紹介させて頂きます。 ...
WEBLINK[URL] 【2010/10/05 15:45】


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2 5 6
7 8 10 13
19 20
21 22 23 25 26 27
28 30 31
カテゴリー
フリーエリア
by 株価チャート「ストチャ」
最新コメント
[05/12 NONAME]
[05/11 門本仮]
[05/10 NONAME]
[05/10 ダークマン]
[05/04 NONAME]
最新記事
(05/29)
(05/24)
(05/18)
(05/17)
(05/16)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
神田 凧文
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/03/23
趣味:
音楽、野球、競馬、株式投資、ボウリング、日本酒、温泉、自転車、ウイスキー、ファミコン、旅行、観賞魚、写真
自己紹介:
たのしく
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
最新記事のフィルム