忍者ブログ
[590] [589] [588] [587] [586] [585] [584] [583] [582] [581] [580]
近所にすいかのにおいのするマンションがあんねんけどなんで?
それもめっちゃにおいきついねん。

もうそろそろ野球はじまる。
ウチの斎藤祐樹、中田翔をよろしくお願いします。




柳家三亀松(初代) / 都々逸名演集~“艶”~
4988001082002.jpg
都々逸ってのがあります。短歌と同じく定型詩ってことでリズムがあり、聴きやすい歌であります。
詩は短歌より親しみやすいお色気や情愛をテーマにしているものです。

そして三亀松師匠。
凄いのは女性の色気をあらわす「アハァン」のお声。
本物の女性よりリアル。これが戦前は検閲の対象になったほどらしいっすね。
詩の内容、三亀松師匠の芸。どちらも受け入れやすい部類のものです。
日本の伝統芸能の楽しさを知る入り口に良いです



Alan Jackson / Precious Memories
51URLEMRLrL._SL500_AA300_.jpg
低音がたまらなく心をくすぐる、現代カントリーを代表するシンガー、アラン・ジャクソン氏・・・・
彼の賛美歌集です。
おなじみのメロディが多数収録されていますので、一家に一枚。
そして、スタンダードナンバーでもポップさも出せるアラン氏なので、ポップファンも一枚お願いします。

What A Friend We Have In Jesus(いつくしみ深き)は日本でも人気の名作でしょう。
歌い手の素朴さから厳かな雰囲気はないですが、やはり良い曲ですね。



Domingo Cura / Tiempo De Percusion
51g5Olf1rKL._SL500_AA300_.jpg
ドミンゴ・クーラ氏はフォルクローレパーカッションのボンボ奏者。
あまりにも土着的な音で、一般ウケは望めないでしょう。。。

しかし、ジャズとの融合でなんとかこの楽器を広めようとしたか。
代表的ボンボ奏者のそんな71年の意欲作。
しかし、リズム面の妥協は許さず。
パーカッションの嵐はしっかりフォルクローレを主張してくれます。
ポピュラーに寄りすぎていない、安心できる融合です。



さけ44カティ ブラック 100プルーフ
m-091460.jpg
石油でも入ってんのかって感じのボトルに入ったウイスキー。
カティ・サークの米国向けということらしいっすけど、味はぜんぜん違います。

なんとも表現しがたいが、割るのには良さそう。
で、他の人はどう表現しているかとネットで感想とか探した。
そしたらみんな迷っているようで、ラムにちかいとか日本酒の香りとかブランデーやら色々。

ちょっとまだこれをどう飲めば良いかちゃんとつかんでいません。
でも、きっと何かいい飲み方があるはず。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
6 7 8 9 10
11 13 14 15 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
by 株価チャート「ストチャ」
最新コメント
[06/04 NONAME]
[06/03 ダークマン]
[05/12 NONAME]
[05/11 門本仮]
[05/10 NONAME]
最新記事
(06/18)
(06/16)
(06/12)
(06/05)
(06/04)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
神田 凧文
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/03/23
趣味:
音楽、野球、競馬、株式投資、ボウリング、日本酒、温泉、自転車、ウイスキー、ファミコン、旅行、観賞魚、写真
自己紹介:
たのしく
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
最新記事のフィルム